家庭内LANを作ろう
[<< トップページへ]

[< 前のページへ]

W.うまくいかない場合は

前頁の手順で問題が見当たらないのにうまくいかない場合に試みることを紹介します。
(説明はWindows XPの場合です)


*pingコマンドを実行する
⇒前頁の「5.通信の確認」を参照

<A.pingが通らない場合>(pingが通る場合はBへ)
1.LANカード〜LANケーブルの問題を確認する(優先度:高)

1-1.「ローカルエリア接続」は有効になっていますか?
「スタートメニュー」⇒「マイネットワーク」⇒「ネットワーク接続」を表示する
「ネットワーク接続」を表示

「ローカルエリア接続」を確認
上のように×になっていたら接続が無効です。下記に進んで下さい。

1-2.LANカードのドライバは正常に動作していますか?
「マイコンピュータ」を右クリック⇒「プロパティ」⇒「ハードウェア」タブの「デバイスマネージャ」を開く
「デバイスマネージャ」

「デバイスマネージャ」でネットワークアダプタを右クリック⇒「プロパティ」

LANカードドライバの動作確認
上の場合は正常に動作しています。
LANカードのドライバが正常に動作しているのに,ローカルエリア接続が無効である場合は,LANケーブルの断線などが考えられます。

<対策1>LANケーブルを交換する(優先度:中〜高)
 このときHUBを用いない(コンピュータ同士を直接つなぐ)なら,クロスケーブルを選びましょう(出費:数百円)。

<対策2>HUBを用いて接続する(優先度:中〜低)
 LANカード,LANケーブル個々の問題ではなさそうなら,ひょっとしたら組み合わせの問題があるかもしれません(LANカードのAuto-Negotiation機能がない等)。
 HUBには3台以上のコンピュータでLANを構築できるメリットがあり,またHUBのAuto-Negotiation機能によりケーブル種の問題を解決できる可能性もあるので,購入するというのも一つの手です(出費:2〜5千円)。
 HUBを用いる場合は通常ストレートケーブルですが,Auto-Negotiation機能によりクロスケーブルも使える可能性があります。

<対策3>LANカードを交換/新たに導入する(優先度:低)
 お手持ちの(初期導入の)LANカードがかなり古い場合,組み合わせの問題が生じやすいかもしれません。また,ネットワーク全体の通信速度はそれを構成する部品一つによっても大きく左右されるため,LANカード自体の問題が危惧された場合は,交換あるいはスロットが余っている場合は新たに導入することも考慮してよいと思います(出費:3千円前後)。


2. プロトコルの問題を確認する(優先度:高)
(⇒前頁「2.プロトコルの設定」を参照)

2-1.「Microsoftネットワーク用クライアント」,「Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有」,「インターネットプロトコル(TCP/IP)」は有効ですか?
「マイネットワーク」⇒「ネットワーク接続」⇒「LANまたは高速インターネット」⇒「ローカルエリア接続」を右クリック⇒「プロパティ」を開く
「ローカルエリア接続」の「プロパティ」
「Microsoftネットワーク用クライアント」,「Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有」,「インターネットプロトコル(TCP/IP)」の全てにチェックが入っていることを確認します。

2-2.IPアドレスは正しく設定されていますか?
「コマンドプロンプト」の「ipconfig」コマンドで確認することができます。
具体的には,「スタートメニュー」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「コマンドプロンプト」を開き,「ipconfig /all」と入力します。


3.ファイアウォール設定の確認(優先度:高)
・・・ファイアウォールでブロックされていませんか?
(⇒前頁「4.ファイアウォール(ウイルス対策ソフト)」を参照)

「例外」や「信用するIPアドレス」等で正しく設定したはずと思われるのにうまくいかない場合,一旦ファイアウォールを無効にしてみます(優先度:高)。

・ウイルス対策ソフトの設定方法
マニュアルを参照下さい。

・Windowsファイアウォールの設定
「コントロールパネル」⇒「セキュリティセンター」⇒「Windowsファイアウォール」の順に開きます。
(「マイネットワーク」⇒「ネットワーク接続」⇒「ローカルエリア接続」を右クリック⇒「プロパティ」⇒「詳細設定」タブからも開けます)
Windowsファイアウォール
「無効」を選択します。

注) ファイアウォールを無効にする場合,その間インターネットに接続しない等セキュリティに特に注意し,これが原因でないと判明したらすぐに元に戻しましょう。


4.NetBIOS設定の確認(優先度:中)
・・・「NetBIOS over TCP/IP」は有効になっていますか?
「NetBIOS over TCP/IP」が無効になっていると,ファイル共有ができません。
「マイネットワーク」⇒「ネットワーク接続」⇒「LANまたは高速インターネット」⇒「ローカルエリア接続」を右クリック⇒「プロパティ」を開く
「ローカルエリア接続」⇒「プロパティ」

「インターネットプロトコル(TCP/IP)」⇒「プロパティ」
「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択し「プロパティ」をクリック

「インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ」で「詳細設定」をクリック
右下の「詳細設定」をクリックします。

「NetBIOS over TCP/IPを有効にする」が選択されていることを確認
「NetBIOS over TCP/IPを有効にする」が選択されていることを確認します。


5.「ネットワークセットアップウィザード」を使用してみる(優先度:低)
「マイネットワーク」⇒「ホーム/小規模オフィスのネットワークをセットアップする」で「ネットワークセットアップウィザード」を起動する。
あとはウィザードに従って下さい。


6.「NetBEUI」プロトコルを導入してみる(優先度:低)
Windows XPでは標準でインストールされていませんが,CDからインストールすることが可能です。
(どうしても原因がわからないときに試してもいいか,という方法です)


<B.pingが通るのにファイルの共有ができない場合>
pingが通っている場合,LANカードの動作やプロトコルの設定には問題がないと考えられます。
(しかし念のため上記も確認しましょう。)

7.IPアドレスで直接接続を試みる(優先度:中)
「スタートメニュー」⇒「ファイル名を指定して実行」をクリックし,\\<相手のIPアドレス>を入力する。
(相手のIPアドレスが192.168.1.2なら「\\192.168.1.2」)
これで相手のコンピュータが表示されるなら,接続に関する本質的な問題はないと考えられます。


8.パスワードを設定する(優先度:低)
Windows 95,98,Me,NT/2000からXPにアクセスする場合,あるいはXP Professionalで「簡易ファイルの共有」を解除した場合,パスワードが必要になる可能性があります。
「コントロールパネル」⇒「ユーザーアカウント」⇒「アカウントを変更する」⇒パスワード設定をしたいユーザーを選ぶ⇒パスワードを設定する


9.共有名を確認する(優先度:低)
Windows 95,98,Meは12バイトを超える共有名を認識できないので,共有名はなるべく半角英数で短めにしておく。


10.下記のレジストリに関する問題が無いか確認する(優先度:中〜高)
(*特に「[コンピュータ名]にアクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセスが拒否されました。」というエラーメッセージが表示される場合)
⇒「restrictanonymous」レジストリエントリの値が「 0 」になっていることを確認する。

1) まずレジストリのバックアップをとる。
2) 「スタート」⇒「ファイル名を指定して実行」⇒「regedit」と入力⇒[OK] をクリック。
3)「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa」をダブルクリック。
4) 右側のウィンドウで,「restrictanonymous」 をダブルクリックする。
5)「値のデータ」が「0」になっていることを確認します。
「値のデータ」が0になっていることを確認
もし「 1 」になっていたりしたら,「 0 」に直して「OK」で閉じます。
6) コンピュータを再起動します。


11.ウイルスに感染していないか確認する(優先度:高)
⇒ウイルス対策ソフトでコンピュータをスキャンします。

ここで私の個人的な経験を話すと,上記1〜9のどの方法を試してもファイルの共有ができず,上記10を確認したところ「restrictanonymous」レジストリエントリの値が「 1 」になっていました。そこでこれを「 0 」に変更したのですが,再起動するたびに「 1 」に戻るという現象が起こり,おかしいと思ってウイルススキャンをすると,なんとウイルス感染してました。
ウイルスを駆除すると,問題なくファイルの共有ができました。
セキュリティにはくれぐれも気をつけましょう。



[このページのTOPへ]

[<< トップページへ] [< 前のページへ]