音楽CD音楽CDを作ろう(その1)
[<< トップページへ] [次のページへ >]

いくつかの方法がありますが,下のように分けて説明することにします。
CDの作成にはCD/DVDライティングソフト(CD/DVD作成のためのソフト。Drag'n Drop CD,Easy Media Creator,B's Recorder GOLD・・・etc.)を使用します。

なお,以下の説明では,CD-Rドライブ,CD-R/RWドライブ,DVD-R/RWドライブ,スーパーマルチドライブ等,CD/DVDの書き込み機能を備えたドライブをまとめてCD/DVD-Rドライブと表現します。


0.曲データの各種形式(フォーマット)について

T.音楽CD → 音楽CD(CD-DA形式)
  1.音楽CDをコピーする
  2.オリジナルアルバムを作る

U.音楽CD → WAVEファイル → 音楽CD(CD-DA形式)

V.MP3/WMAファイル (→ WAVEファイル) → 音楽CD(CD-DA形式)

W.MP3/WMAファイル → データCD(MP3/WMA対応プレーヤーでのみ再生可能)



<音楽CD作成の流れ>
  音楽CD音楽CD   インターネット等
  音楽CD→音楽CD   音楽CD→WAVE   音楽CD→MP3/WMA    Web→MP3/WMA  
    WAVEファイル
WAVE
WAVE⇔MP3/WMA MP3/WMAファイル
 MP3 WMA
 
    WAVE→音楽CD   MP3/WMA→音楽CD    MP3/WMA→音楽CD(MP3/WMA)データCDとして書き込み
  音楽CD音楽CD(CD-DA形式)   MP3/WMA-CDデータCD
(MP3/WMA対応プレーヤーでのみ再生可能)


0.曲データの各種形式(フォーマット)について

1.CD-DAとは
Compact Disc-Digital Audio
の略。

SONYとPhilips両社により共同開発された規格(フォーマット)で,通常,「音楽CD」とはこの規格で作られたものを指します。
言うまでもなく,市販の音楽CDはこの規格に準拠しています。
一般的な家庭用あるいは車のCDプレーヤーで再生することができます。

2.WAVEとは
…無圧縮の音声ファイル。DOS/Windows用オーディオファイルの標準フォーマット。
記録精度は何通りかありますが,44.1MHz,16ビット,ステレオでレコーディングされている場合は,通常の音楽CDの曲と実質的に同じです。ファイルの拡張子は「.wav」。

3.MP3とは
MPEG Audio Layer-3
圧縮音声ファイルフォーマットの一つ。
ビデオ圧縮規格であるMPEG-1のオーディオ規格として開発されたもの。非可逆圧縮。
それ以前の規格であるMP1(MPEG-1 Audio Layer-1),MP2(MPEG-1 Audio Layer-2)を改良したもの(ただし、これらとの互換性はない)で,当初は「MPEG-1 Audio Layer-3」の略称だったが、後に互換性を持つ「MPEG-2 AudioBC (MPEG-2 Audio Layer-3)」が加わったので、合わせて「MPEG-1/2 Audio Layer-3」とすることもある。更に、非公式規格の「MPEG-2.5 Audio Layer-3」を含む場合もある。MPEG-3の略ではない。
ファイルの拡張子は「.mp3」。

4.WMAとは
Windows Media Audio。
Microsoft社が開発した圧縮音声ファイルフォーマットの一つで,Windows標準の音声圧縮方式となっている。
MP3フォーマットのライセンスはThomson社が保持し、MicrosoftがこれをWindowsで利用するにはライセンス料が発生するため、MP3の代替フォーマットを目指したのが開発の動機の一つと考えられている。
他の主要な圧縮方式と同様、人間の感じ取りにくい部分のデータを間引くことで高い圧縮率を得る非可逆圧縮方式を採用しており,音楽CD並みの音質を保ったまま約1/22(64kbps)まで圧縮することが可能、また,音質を犠牲にすればさらに高い圧縮率を得ることもできる。
「Windows Media Rights Manager」と呼ばれるコンテンツ管理システム(DRMシステム)を利用して暗号化することができ、音楽を有料コンテンツとして配布したり、海賊版がインターネットで配布されるのを防いだりすることもできる。
現在様々なデバイスでサポートされているが、汎用性ではMP3等の標準形式と比べ劣る。

ファイルの拡張子は「.wma」。


T.音楽CD音楽CD → 音楽CD音楽CD(CD-DA形式)

音楽CDにある曲を元にして,直接(=ファイル変換をせずに)音楽CDを作る方法です。
CD/DVD-R/RWドライブは1つでもOKです。

1.音楽CDをそのままコピーする
CD/DVDライティングソフトで,「CDのバックアップを作成する」手順に従って下さい。

 a.CD/DVD-Rドライブが1台のみで,CD/DVD-ROMドライブも存在しない場合
まずコピー元のCDをCD/DVD-Rドライブに挿入し,ハードディスクに読み込ませます。
ハードディスクに最低CD1枚分の空き領域が必要です。
次いで,コピー元のCDを取り出して,ブランクメディア(空のCD-R/RW)を挿入,書き込みます。

 b.CD/DVD-Rドライブ1台と,もう1台以上のCD/DVD-ROMドライブあるいはCD/DVD-Rドライブが存在する場合
コピー元のCDを読み取り側のCD/DVD-ROMあるいはCD/DVD-Rドライブに挿入し,ブランクメディアを書き込み側のCD/DVD-Rドライブに挿入し,書き込みを開始します。
オンザフライ書き込みが可能です。

上記の詳細はライティングソフトのマニュアルをご参照下さい。

Q.コピーコントロールCDはコピーできないの?
 A.下記の方法(音楽CD→WAVEファイル→音楽CD)により可能です(某ライティングソフト,某ファイル変換ソフトでそれぞれ確認済み)


2.オリジナルアルバムを作る
複数枚のCDからお気に入りの曲だけ集めて、オリジナルアルバムを作ることができます。
手順はライティングソフトによって多少異なりますが、概ね@元のCDを挿入,Aその中から書き込みたい曲を選択→ウェルへ,BCDを入れ換えてAを繰り返す,C必要なら曲順を並べ替える,D合計時間を確認し,書き込み,という手順になります(下はDrag'n Drop CD)。

 デスクトップにあるDrag'n Drop CDのBOX
  元のCDを挿入し,デスクトップ上のBOXのMusic♪(3つのうち一番上)をダブルクリック
 Drag'n Drop CD,元のCD内の曲が左のウェル内
  CDから書き込みたい曲を選択(この時点で曲データがハードディスク内に保存されます)
 Drag'n Drop CD,CDから曲を選択


U.音楽CD音楽CD → WAVEWAVEファイル音楽CD音楽CD(CD-DA形式)

音楽CDの各トラックをWAVEファイルとしてハードディスクに保存しておき,それらを選択してオーディオトラックリストを作成,オリジナルアルバムを作る方法です。

1.音楽CDからWAVEファイルを作成する
CD/DVDライティングソフトでこれが可能なものがあります。
もしくは,オーディオファイル変換ソフトを使用します。
インターネットでフリーソフトとして入手可能です(CD2WAV等,いろいろありますので探してみて下さい)。
フリーソフト関連リンク
Vector  窓の杜



2.WAVEファイルから音楽CD(CD-DA形式)を作成する
CD/DVDライティングソフトを用います。
一般的なライティングソフトは,まずこの機能を有しています。
詳細はライティングソフトのマニュアルを御参照下さい。

 (下はWinCDR。左右どちらのウェルにもドラッグオンドロップできます。必要なら右のウェルで曲順を並び替えます。)
 WinCDR


MP3/WMAファイルを用いた音楽CDの作り方については次のページで説明します。


[このページのTOPへ]

[<< トップページへ] [次のページへ >]