当院の方針について

1)わかりやすく丁寧な説明を心がけています

2)無駄な薬はできるだけ使わないようにしています

3)かぜの多くはウイルス性です
 自然に(自分の免疫で)治るものであって薬で治るものではありません
 抗菌薬(抗生剤)は細菌を殺す薬でウイルスには効きませんので
 あまり使いません

 溶連菌など細菌の感染が考えられる場合にのみ使うようにしています
 日本外来小児科学会のワーキンググループで作られた
 抗菌薬使用ガイドラインを参考にして治療しています


4)必要時には血液検査、溶連菌、アデノウイルス、RSウイルス、
 インフルエンザウイルス、ロタウイルスなどの迅速検査を行い、
 できるだけウイルス感染症か細菌感染症か正確な診断を付けるよう
 にしています

5)喘息は日本小児アレルギー学会のガイドラインを参考にして治療
 するようにしています

6)できるだけ最新のガイドラインに沿ったオーソドックスな治療を行い
 いわゆる民間療法や医学的証明のされていない治療はしないように
 しています

7)乳児健診では腎臓の超音波検査(エコー)をルーチンに行い、
 腎臓の奇形などの早期発見に努めています

8)重症な病気、専門的な治療が必要な病気のときは、適切な病院や
  専門医を紹介します