新しいスタンスでの新作たち

個展として映ること

 伝統において作為は邪心だし不必要なものだと思ってきました。しかし、最近 長くやってきたことで いろいろなことを思い その殻を少し壊してもいいように考えるようになりました。いくつかの試験的なことの中から自分なりに魅力を持てたことを その初めとして今回やってみました。従来の萩焼には見られませんが、萩焼の伝統を踏まえた上の新しいものだと思っています。

特別展

 ギャラリーといっても普段は販売を含めて全体のバランスを考えてレイアウトしていますので、自分が見てもらいたいものでも下げていることが多いのですが、今回の個展ベースにはこれはというもので流れを作っています。個展ベースは上がり間になっていますのでお履き物を脱いでいただかなければなりませんが、今回は特別なので是非!

個展&特別セール&実験的新作展

特別セール 価格をつけるという事

 昨今のコロナウィルス騒動で展示会等いろいろなことが次々の中止になるなか、萩の風物詩でもある萩焼祭りの中止も決定しました。毎年、萩焼祭りを楽しみにしてされている方や、今年のゴールデンウィークに萩に来られる方も多くいらっしゃると思います。そこで、普段やらないような事や、出来ない事、作らないものや実験的な新しい事を盛り交ぜた企画展を開催致します。

 「価格はどうやってつけるのですか」とよく聞かれることがありますが、やはり この焼きにはこう、この作りにはこうと 焼き上がりに相場があります。自分としては それよりも安価にと ずっと心掛けてきました。
 長い間 窯元をやっているという事は、たくさんの焼物を買っていただいたという事ですし、それは価格をつけてきたという結果です。今までそういうことに感謝はしてきましたが それを形にすることはありませんでした。
 そこで 今回はいい機会なので、新作から見切り品まで感謝の気持ちを込めて特別価格で提供させていただきます。