かなり荒い土に白萩釉が掛かった鬼萩湯呑です。全体に出た地割れがなんともいえない景色を作っています。
 粉引手の筒湯呑です。ろくろ目が少しきつめですがシンプルな作りです。こういう湯呑が長く使い込んで色が変わると一番良い湯呑になると思います。
 萩面取湯呑   径 6.5cm 
       yu6   ¥8000
 萩汲出茶碗     径 6cm
 
      yu9   ¥4000
 鬼萩面取湯呑   径6.5cm 
       yu11   ¥25000
白萩の面取り湯呑です。かなり大胆に削っても白萩は柔らかく包んでくれます。やわらかい感じの焼物は本当に萩だけではないでしょうか。
白萩釉の強還元湯呑です。あまり還元をかけるつもりはなかったのですが薄っすらと紫の窯変もかかり思いがけずきれいに出来ました。
 白萩面取湯呑     径 7.5cm
   
    yu7   ¥8000
 口の広がった白萩釉の面取湯呑です。やわらかい焼き上がりと全体に出た地割れが萩らしさを出しています。
 面取りしたびわ色の鬼萩湯呑です。やわらかく焼けていますが全体に地割れ(土のひび)が出ています。
 白萩面取湯呑   径 7cm 
        yu5   ¥6000
 珍しく砂の入ってない姫土で全体を歪め面取りをしています。薄く掛かった藁灰釉にうっすらと薄紫の窯変が掛かっています。
 萩湯呑     径 6cm 
      yu3   ¥5000
 ろくろ目が少しきつめで全体に形を歪めています。粉引手ですが強く還元が掛かってグレーになっています。
 面取りの白萩湯呑です。藁灰釉が薄めに掛かり、少し還元気味で焼いてます。しっとりとしています。

萩筒湯呑   径 6cm 
     yu1   ¥4000
 鬼萩湯呑     径 7.5cm
      yu10   ¥25000
 萩面取湯呑   径6.5cm
       yu2   ¥4000

 全体に歪んだ作り、やわらかく焼きあがった枇杷色。ザ・萩焼。

 窯変湯呑    径 7.5cm  
      yu8   ¥8000
枇杷色の面取り湯呑みです。釉薬のたれが景色を作っています。 
 窯変面取湯呑     径 6cm 
    yu4   ¥5000