個展のお知らせ


,      宮田佳典 陶展

                〜終のひと切り〜

,


    ご挨拶   昨日までと 明日からに

     1年半ぶりに東京で個展を開催します。
     今回は青山の裏通りにひっそりとある隠れ家的なギャラリーです。
     ある意味 長年の夢でした。今まで銀座のギャラリーや百貨店と華々
    しく 多くの方にお越し頂き たくさんの感謝の気持ちに出会えました。
    しかし 、どこか小さな違和感が残っていました。
     昔、信楽焼の先輩から「個展といえば聞こえはいいが、本質はテキ
    屋と変わらない」と言われたことが いつも心に引っかかっていて、観
    ていただくという純粋な展示会とは何かずっと考えていました。
     答えが分かったわけではありませんが、こういうギャラリーで自分が
    見てもらいたい人と見たい人だけの空間で時間を持つことが一つの
    始まりになるように感じています。
     
     ここ数年、本当にいろいろなことをやってきました。それは自分が陶工
    であることを見失いそうになるほどでした。新しく窯を作り、いたる所の
    土を掘り、古い文献を集め、釉薬も根本的に研究しなおし、大正時代に
    廃れた地元の焼物を復興し、作陶に対するスタンスまで変えました。
     しかし、この1年 そのすべてが難しいパズルのように組み合い 想像
    以上のものまで見えてきました。
     それまで茶陶において作為は隠すもので見せるものではない、出来
    るものであって作るものではないと考えてきましたが、敢えて作為を意
    識し、土、作り、釉薬、窯焚きに、全く違う考えやひとつ手を加えること
    で 今までにない少し先の少し深いところに行けたような気がします。

     今回の個展は自分の中で大きな意義を持つものです。作品も自分な
    りに十分納得出来たものばかりを揃えました。お越し頂ければ 作品だ
    けではなく 一人の作り手の岐路も十分に感じて頂けると思います。
     いろいろとお忙しいかと思いますが お誘い合わせの上 是非 ご来場
    下さい。

      

   個展概要


    期日
        7月4日(火)〜9日(日)

    時間
        11時〜19時 (初日15時から・最終日16時まで


    場所   サイト青山
               http://site-aoyama.air-nifty.com/blog/ 

        〒107-0062  東京都港区南青山2-7-9
             TEL 03-3423-2092

         サイトの個展案内 http://bit.ly/1p1jDFC

    最寄駅

        東京メトロ 銀座線・半蔵門線・大江戸線、
        「青山一丁目」駅5番・3番出口から、徒歩5分位




  ↑道路に面した部分(門)。
  幅は2Mくらいと、狭いです。
  ここを5,6歩あるくと、入口ドアがあります。




          

    展示作品 

               〜 まだまだ準備中ですが 〜