粉引ての徳利です。このシンプルさが一番長く使える焼き上がりだと思います。

全体に面取りし薄い白萩釉に薄く窯変が出ています。長く見ているとどことなく味わい深いものがあります。

 粉引手の熊川型のぐい呑みです。長く使うとほんとにいい色になると思います。
 白萩チロリ
         径11cm 
    to4   ¥25000
 萩粉引徳利
         径9.5cm
    to1   ¥8000
 窯変面取徳利
         径9.5cm 
    to2   ¥12000
 白萩面取徳利
         径9.5cm 
    to3   ¥25000
白萩で十字高台のぐい呑みです。釉薬えお薄くかけたため全体に小さなヒビが出ています。力強さ十分です。
 丸みを帯びた薄く白萩釉をかけましたが全体に出た割れたカイラギが力強さを一層出しています。
 白萩ぐい呑み
          径7.5cm 
     gu3  ¥5000
  萩熊川ぐい呑
         径8cm 
    gu1   ¥3500
 鬼萩ぐい呑
        径8.5cm 
    gu5   ¥10000
荒々しく作った粉引手のぐい呑みです。少し大振りです。動きがあるところが、このぐい呑みに良さだと思います。
鬼萩土に白萩釉をかけた面取徳利です。釉薬のカイラギ(釉薬の縮れ)が面白い景色を作ってます。
粉引手に還元がかかり薄いグレーに焼き上がってます。全体に形をくずした感じが深い味わいを出しています。
 窯変面取ぐい呑
         径6.5cm 
    gu10   ¥25000
  白萩ぐい呑
         径7.5cm
    gu9   ¥20000
 白萩筆洗ぐい呑
         径7.5cm 
    gu6   ¥10000
 鬼被疑土を荒々しく引き上げ、地釉をかけた薄い枇杷色のぐい呑です。
天目型を浅くゆがめて薄い枇杷色に焼き上がりました。焼き上がるとかなりいい感じになりました。
 白萩釉にカイラギの出た小ぶりのぐい呑です。萩独特の焼き上がりです。。
 ぼってりと厚くかけた白萩釉が真っ白でやわらかく萩らしいぐい呑みです。

鬼萩のチロリです。全体にカイラギの出ています。冷酒なんかいかがでしょう。

 鬼萩ぐい呑
       径9.5cm
    gu11  ¥25000
 鬼萩手のぐい呑みです。かなり大降りですが、うちの窯で出来る一番良い枇杷色です。いつもこんな焼き上がりになればと思います。
 萩ぐい呑
           径7.5cm
    gu4   ¥8000
 白萩ぐい呑
       径6.5cm 
    gu2   ¥5000
面取りの窯変ぐい呑みです。口も歪でかなり現代的ですが、白萩釉の優しさと薄紫の窯変がそれをあまり感じさせません。自分なりに代表作と思っています。
 萩ぐい呑
         径8.5cm
    gu8   ¥9000
 萩盃
          径8.5cm  
    gu7   ¥9000