「出ない」だけではない便秘の症状

便秘に悩む人は多く、特に女性は、その比率が非常に高く、女性のおよそ二割が深刻に便秘に悩んでいると言われています。
2~3日に一回しか出ない人が女性全体の約30%、4日~6日に一回という人が同じく女性の8.5%、7日以上に一回未満という人も0.7%いるという統計もあります。

これをどれだけ気にしているかは本人によって違いますが、便秘によって何らかの症状が出始めた時、それは悩みに変わっていくのです。

このように感じたことはないでしょうか。

・一応出した後も、まだ出し切れていないような違和感がある。
・朝トイレに行ってもいつも出ず、すっきりしないまま出勤している。
・お腹の中に溜まっているせいで、吐息が臭くなっていないか、体臭に出ていないかと常に気になる。
・オナラのにおいがすごいので、うかつに公共のトイレに入れない。
・突然出したくなったらその機会は逃したくないけど、トイレに行けないような場面でその機会が訪れたりしたらと思うと不安。
・何日も出てないので、食欲もない。
・胸やけがしたり、吹き出物が出来たりなど、微妙に体調不良。
・朝ごはんを食べても出たくならない。

最初は軽い症状でも、放っておくと徐々に悪化してくるのが便秘です。便秘には、正確にに何日出ないから便秘という定義はありませんが、大体4日出なかったら便秘と感じる人が多いようです。

ですが、便秘かどうかの基準は本人の感性であって、2日出ない3日出ないという時点で上記のような感覚になるようでしたら、それは便秘といえます。

オリゴ糖が便秘解消に効果的なのは

便秘の改善といえば、定番なのが食物繊維と、乳酸菌やビフィズス菌です。どちらが優れているかと言えば、人の体質によって効く効かないがありますので、一概には言えません。食物繊維を試してダメだったけれども、ビフィズス菌だったら効果があったという人もいますし、その逆の人もいます。

ただ、便秘で病院にいった場合、処方されるのは乳酸菌系の錠剤ですから、しいて言えば乳酸菌・ビフィズス菌の方で効果を得られる人の方が多いのかも知れません。

乳酸菌やビフィズス菌のサプリは非常に多く市販されていますので、どこでも手軽に買えますが、しいてこれらの欠点を上げれば、乳酸菌やビフィズス菌は非常に弱い生物なので、飲んだものが100%腸まで届くわけではないということです。

胃酸によって、ある程度は死滅してしまいますので、どれだけの乳酸菌が生きたまま腸まで届くか、商品によって効果にはバラつきが出てきます。

そこで、注目されているのがオリゴ糖です。便秘解消にと、飲んでいる人がたくさんいる食材です。
オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌のエサになります。そもそも乳酸菌もビフィズス菌も、元々人間の腸に存在している菌です。これらが少なくなることによって便秘になったり、腸の具合が悪くなったりするのです。

オリゴ糖が腸内に達すると乳酸菌やビフィズス菌がそれを食べて活性化します。数が増えてきます。外部から乳酸菌やビフィズス菌を補うのではなく、オリゴ糖によって元々人間の腸に存在している菌を増やすのです。

その結果、整腸作用が良くなり、便秘の解消に大きく貢献してくれるというのが、オリゴ糖が便秘に良いと言われる仕組みです。

そのオリゴ糖を食べやすいペースト状に仕上げた食品があります。それが

「かどやの黒ごま&オリゴ」

です。名前の通り、黒ゴマとオリゴ糖が配合されています。

封を切って中身を出してみると、とろっとした、まるで真っ黒なハチミツのような感じです。便秘気味で毎日スッキリしないという方は是非試してみる価値ありです。

かどやの黒ごま&オリゴとは

黒ゴマを何度もすりつぶして細かい粒子にしたものに、オリゴ糖を加えた、ペースト状の食品です。

黒ゴマは、カルシウムが牛乳の約11倍、鉄分はレバーの約2倍、食物繊維はコボウの約2倍、マグネシウムは納豆の約4倍も含まれており、健康にも腸にもとても良いもの。

また、オリゴ糖は乳糖果糖オリゴ糖を使用。胃や小腸で分解されにくく、しっかり腸まで届くオリゴ糖です。

沖縄産黒糖やハチミツもミックスされて、甘いその味は、そのまま食べてもおいしく、また、パンなどにつけて食べたり、溶かして飲むこともできます。

カロリーは1本36kcalと、低カロリーですから、ダイエット中の間食にも最適です。

普段から、なかなかスッキリできない方、黒ごま&オリゴで、朝の快適生活を目指してみませんか?

【かどやの黒ごま&オリゴ】

このページの先頭へ