ぼやけて見えることが多くなった

仕事でパソコンを長時間使う方、モニター画面をずっと見続ける方、一日中書類を見ている方、作業の最初と最後の方では、「見え方が違う」と感じたことはありませんか?

ぼやけて見えるような、視力が落ちたような、あの感覚。

いや、目を使い過ぎた時だけではなく、常に近くのピントが合わなくなって、老眼を自覚してきたり、薄暗い所ですごく見えにくくなったと感じたりしたことはありませんか?

しかし目のことはどうしようもなく、少しでも回復させようと思ったら寝ることぐらいしか思いつきません。

ですが、目も身体の一部。ダイエットに有効な成分が自然界に存在するように、目の働きを助け、目の回復に役立つ成分もまた、自然界に存在するのです。

それが 「アントシアニン」 と呼ばれる成分です。

アントシアニンは、ポリフェノール(植物成分)の一種で、 現在、目の働きを助ける成分としては、最も優秀と言われている成分なのです。

アントシアニンを多く含む食べ物としてはブルーベリーが有名ですが、「ブルーベリーが目に良い」と言われているのも、このアントシアニンを豊富に含んでいるからなのです。

アントシアニンの効果

アントシアニンは、日本では健康食品の扱いですが、ヨーロッパの方では医薬品として扱っている国もあります。強い抗酸化力があり、活性酸素を抑えることから、細胞膜を守る働きがあり、老化を遅らせる働きも期待出来ます。免疫力を向上させ、動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善などにも役立ちます。

アントシアニンの効果の中でも、もっとも期待され、注目を集めているのが、目の健康を保つ効果です。眼球内の毛細血管を強くする作用があり、これにより血の流れが良くなり、眼球全体に酸素や栄養分を送り届けることが出来るようになって、疲れ目の回復などに効果があります。

また、老眼の原因は、眼のピントを調節する機能を持っている「毛様体」の働きが低下することにあると言われていますが、この毛様体の働きを良くするという効果もあります。老眼予防のためにアントシアニンのサプリメントを飲んでいる人もいます。

アントシアニンを含む目のサプリで優秀なものは

発売からすでに800万個売れているという目のサプリメント
「えんきん」。

販売元のファンケルには2000件以上の口コミが届いているという、目のサプリの中でも特別売れているサプリです。しかも目のサプリメントとしては、日本初の機能性表示食品です。えんきんに使われているのはアントシアニンの一種である「シアニジン-3-グルコシド」です。

シアニジン-3-グルコシドとは、アントシアニンの一種であり、強い抗酸化力を持っていると共に、目の血流を促進する効果があり、近視や老眼、視力回復に効果があることが確認されています。アントシアニンの他の種類と比べても、抗酸化力が最も高いと言われています。
黒大豆の種皮の中に特に多く含まれています。


更にえんきんには、このほかにもアスタキサンチン、ルテイン、DHAも含まれており、これらの成分が更に目に働きかけます。

合成着色料や香料、保存料は使用されておらず、カプセルタイプなので飲みやすく、飲み忘れやにおいが心配な方にも安心です。

レビューを見ましても
「えんきんを飲みだして、その実感に、びっくりしてます。」
「以前より手元の文字が読みやすくなったように感じます。」
「ピントが合うようになり、非常に満足しております。」
といったコメントが寄せられており、効果を実感した人は93%にも上ります。


目の衰えを感じている方、見え方が悪いと感じている方は是非試してみる価値ありです。

目の機能性表示食品「えんきん」

このページの先頭へ