消化と排便の仕組み

胃の先には十二指腸があり、十二指腸の次にくるのが腸です。腸は、全長4mから6mmもある長い器官で、小腸と大腸に分けられます。

腸は役割が分かれており、十二指腸の次にある小腸は消化吸収、更にその次にある大腸は排泄を担当しています。

食べ物を食べると、胃から十二指腸へ送られ、小腸で栄養素が消化吸収されてから大腸へ送られます。

大腸は、盲腸から始まって上行結腸、横行結腸、下行結腸、S字結腸、直腸と名前がついています。

小腸から大腸へ送られるのは主に食べ物の老廃物ですが、これが便の元になります。

小腸から大腸へ送られてきたばかりの時はまだその老廃物は水分が多い状態ですが、大腸の中を移動していくにつれて水分が吸収され、S字結腸まで来ると大体固形の便になっています。

多くの人は、朝ご飯を食べた後に便意が起こってトイレに行くことが多いのですが、これは胃の中に食べ物や飲み物が入ると反射的に大腸のぜんどう運動が起こって、S字結腸まで来ていた便が直腸まで送られ、「出したい」という信号が脳に送られるためです。これが便意です。
そしてトイレに入ると肛門の筋肉が緩んで便が排泄されるのです。

出したい時にトイレに入れば、すんなりと出ますが、状況によっては便意を我慢しなければならないという場合も出てきます。

よほどひどい下痢の時ならともかく、普通の「出したい」という便意は、我慢すると、いったん収まることが多いです。

朝、遅刻しそうになってトイレに行きたいのを我慢して慌てて家を出ると、その日一日便が出なかったという経験をしたことのある人もいるでしょう。

便意があっても我慢するということを日常的に繰り返していると、本来の排便のリズムが狂ってしまって、だんだんと便意を感じなくなってしまいます。

肛門の手前の直腸まで便が来ているにも関わらずそれを我慢していると、そこで便が固くなってしまい、かなりいきまないと出ない状態になってしまいます。

また、外泊や旅行の時などに便秘気味になる人がいますが、これも、外出先で便意を我慢することで排便のリズムが狂ったために起こる現象です。

普段なら出る時間である朝や夕方など、 1回か2回くらいなら出なかったとしても特に問題はありませんが、我慢を繰り返していると、直腸で大量の便が固まってしまい、自力で出せなくなってしまう場合があります。

この場合非常に苦しくなり、救急車で病院に運ばれる人もいるくらいです。必要以上に便を我慢することは危険を伴いますので、できることなら出したくなったらすぐ、が理想です。


こちらは、有名な便秘解消サプリ・ どっさりマジック♪


このページの先頭へ