桃の香りの便秘茶

便秘解消のためのものといえば、顆粒や錠剤などのサプリメント、ヨーグルトや玄米などの食品など、数々ありますが、この「桃花スリム」はお茶です。

便秘茶といえば、従来の者は印象として癖が強く、草っほい感じでどうも味も香りもイマイチといったものが多いのですが、「桃花スリム」は飲みやすさと味と香りにこだわって開発された便秘茶なのです。

その名の通り、桃の香りと味がするお茶です。どんなにいいものでも続けられなければ意味がありません。ですから毎日の習慣として、決して飲むのが苦にならないように仕上げてあります。

商品自体は、紅茶のティーバッグのようになっていて、これをカップに入れてお湯をそそぎます。

バッグの中身が溶け出してきて、大体2分が目安です。ですが、これは標準的な濃さであって、薄めが好みであればそれより短い時間で、濃いめが良ければもうちょっと待てば濃い味に仕上がります。
自分で濃さを調節できるところもありがたいですね。


このお茶でスッキリどっさりできる理由は、バッグの中に詰め込まれた12種類の植物です。それらは一番効果が発揮できる黄金比率で配合されてあります。

メインは「ゴボウ根」。ゴボウは日本人には昔から馴染みのある食べ物で、代表的な食物繊維の一つです。水溶性の食物繊維「イヌリン」を大量に含んでいます。

そして「ルイボス」。ルイボスティーとしても有名なものですが、ルイボスにはミネラルが豊富に含まれており、人口成分ではない、自然のすっきりをサポートしてくれます。

それから「生姜」です。生姜に含まれるショウガオールという成分が体を温め、身体をスッキリさせます。

その他の成分としては

ローズヒップ、黒大豆、キャンドルブッシュ、バラ花、ハトムギ、ハイビスカス、柿葉、マクイベリー、ハニーブッシュ

が含まれています。

特にこの中のキャンドルブッシュは、便秘茶だけではなく、便秘解消サプリにも使われている有名な植物で、こちらも桃花スリムにも成分として採用されています。

また、マクイベリーも入っているのが特徴的です。ベリー類といえば、視力回復サプリの原料という印象が強いのですが、それだけではなく、女性とってもキレイを促進する成分がいっぱい入っています。

ベリー類の中でもマクイベリーは、特にポリフェノールやアントシアニンを多く含み、次世代のスーパーフルーツとも言われ、ORAC値は、アサイーの約1.7倍にもなります。

公式サイトにも、実際に飲み続けている人たちのすっきりどっさり体験が数多く掲載されています。

お客様満足度99.1%、一日一杯でOK。
同じ飲むなら毎日飲みたいと思えるような美味しい便秘茶がいいですね。

ステラ漢方の桃花スリム


このページの先頭へ