太ってしまうと分かっていても、
ついつい食べてしまう。ご飯や麺類
などの炭水化物が大好きという方へ。

糖の吸収を抑えるメカニズム

日本人が主食として食べている食べ物は、一番は何と言ってもご飯です。それからパン、麺類と続くと思います。これらはみんな炭水化物(糖質)です。

普段、何気なく食べているものでも、「糖質」という観点から見ると、それは三つの種類に分類されます。

「多糖類」、「二糖類」、「単糖類」です。

 多糖類は、多数の糖の分子が結合したもので、代表的なものは「デンプン」です。

 二糖類は、糖の分子が二つくっついているもので、砂糖、乳糖、麦芽糖がこれに該当します。

 単糖類は、糖の最小単位で、一個一個がバラバラの糖の分子です。ブドウ糖、果糖などです。

このうち、小腸で吸収されるものは、糖の最小単位である「単糖類」だけです。多糖類と二糖類は、そのままでは吸収されません。

多糖類と二糖類は、胃や腸で「単糖類」にまで分解されてから、初めて吸収されるのです。


「多糖類」「二糖類」と言っても普段あまり使わない言葉で、ピンとこないかも知れませんが、「多糖類」の代表格であるデンプンは、普段我々が食べている食べ物の中にかなりたくさん含まれていますので、それらを思い浮かべた方がイメージしやすいかも知れません。

例えばデンプンを多く含む食べ物といえば、

ご飯、麺類、パン、いも、麦、そば、バナナ、寒天、水飴。

うどん、スパゲティ、マカロニ、ラーメン、もち、おにぎり。

どら焼き、ケーキ、クッキー、カステラなど、小麦粉を使ったもの。

かまぼこ、ちくわ、魚肉ソーセージなどの練り製品などです。


どれも、我々がよく食べているものばかりです。
適度な運動、適度な食事であれば何も問題ありませんが、日々の習慣で、これら「デンプン(多糖類)」を摂り過ぎていると、それは血糖値の上昇や肥満につながって来ます。

先ほど、「糖質は、最小単位の『単糖類』にまで分解されないと吸収されない」といったことを書きましたが、糖質を小腸で吸収させないためには、何らかの方法で「多糖類や二糖類を分解させなければ良い」ということになります。

その効果を持った自然食品があります。

それは「栗の渋皮」「サラシア」

栗の渋皮は、よくお目にかかっていると思います。栗をむいた時に、栗の外側についている、あの茶色い皮です。

「サラシア」は、インドや東南アジア、ブラジルなどの熱帯地域に自生している植物です。古来より、古代人がその効果に気づき、根や茎などを薬草として病気の治療に使ってきました。

糖尿病やぜんそく、リュウマチ、女性の月経不順、湿疹などの治療に使われていましたが、それはまだ科学的に効能が研究される前の話なのですが、彼らは経験的に、これらの症状にサラシアが効くと、知っていたのです。

 「栗の渋皮」は、多糖類を二糖類に分解する酵素の働きを抑えます。

 「サラシア」は、二糖類を単糖類に分解する酵素の働きを抑えます。


その結果、糖質を分解させない、つまり糖を吸収させないということになるのです。

ただし、「栗の渋皮」も「サラシア」も、最初から「単糖」であるブドウ糖には、この効果は発揮出来ませんが、普段我々が食べているもののほとんどは多糖類ですから、その多糖類の分解が抑えられるだけでも、かなりの吸収を防ぐことが出来ます。

糖質の吸収量が減るということは、吸収されるカロリーも減るということです。

それはすなわち、ダイエットにもつながってきます。


糖の値が気になる方に

この二つを主体としたサプリ

糖質の分解を抑える「栗の渋皮」と「サラシア」の二つを中心成分としたサプリメントが

トリプルメタクリーン

です。

多糖類 → 二糖類 → 単糖類 → 吸収

という流れを防ぎます。


更に、吸収できなかった糖を、配合されているヒハツ(植物)の力で善玉菌のエサにしてしまい、糖の吸収を更に抑えます。

もちろん100%ということはあり得ませんが、これを使うことによって、かなりの量の糖の吸収を抑えることが出来るのです。

血糖値が気になる方、太りたくない方、あるいはダイエットをしている方には非常に有効なサプリメントです。

自分では気づかない、血液の成分。40歳を超えたら、何らかの「体にいいもの」を習慣的に摂取することは非常に大切なことですね。

トリプルメタクリーンMHS

価格


トリプルメタクリーンMHS

糖の分解を3つの力でブロックします。


通常購入 2980円(税込)

定期コース

初回のみ 1980円(税込)
2回目以降 2682円(税込)

送料無料・手数料無料

公式サイトを見てみる

このページの先頭へ