いつどこで起こるか分からない携帯の水没。
中に入り込んだ水が、内部の微細な部品を
腐食していきます。早めの修理が大事です。

iPhoneに起こる故障の代表格が水没です

最近ではお風呂などにiPhoneを持って入るという人も多く、ついうっかりと落としてしまったり、濡らしてしまうことも珍しくありません。
また、ポケットに入れたまま洗濯してしまった、という場合もあります。


残念ながらiPhoneには防水機能はついていませんので、水に濡れてしまえば致命的な故障になってしまう可能性が高いのです。

電源を入れてもつかなくなったというのは、水没の代表的な故障です。

他にも水没したことで、電源はついても操作が一切できなくなってしまう、画面がバグってしまうなどということもあります。


また、水没するというのはiPhoneの内部にも水が侵入する可能性が高くなります。

この場合、内部の電子機器そのものを錆びさせてしまったり、腐食を起こす原因ともなるようなので、仮に復活できたとしてもいつ壊れてしまうか油断できません。

水没をさせたことで、新しく買い替えるという人も多いでしょうが、その時に内部のデータが壊れてしまっていて、データの移行ができないなども代表的な故障でしょう。

iPhoneを水没させてしまった時の対策としては、ともかく水分を抜くことです。
まず表面の水はタオルで拭き取るなどをし、電源は絶対に切るようにしてください。

SIMカードなどについても、すぐに取り外しをした方が良いでしょう。
ジャックやコネクタなどの接続部分に関しても、綿棒やティッシュなどを使って水分を拭き取るようにして下さい。

良く水気を切ろうとして、iPhoneの本体を振ってしまう人もいるのですが、内部に水が侵入する可能性が高くなるので、絶対に振らないようにしましょう。

充電やパソコン接続、ドライヤーでの乾燥は、本体内部の腐食を進めてしまうので、やめましょう。

海水やトイレに落としたり、ジュースをこぼしてしまった場合はまず、iPhoneを水道水で洗います。不純物の多い水は水道水よりも腐食が早いからです。そのあとしっかりと拭いて下さい。

ここから先は修理に出した方が良いです。

iPhoneの場合、アップルで修理をするか、民間の修理会社に依頼するかの2つの方法があります。

ただし、水没の場合は必ずしも修理できるとは限りません。
データそのものが消えてしまうこともありますし、基盤が破損する可能性もあるからです。

水没した場合の復旧率は

全国に店舗を展開している、iPhone修理専門店「ダイワンテレコム」のページには、

「水没からの何日経っているか、水質(水道水・汚水・海水・ジュースなどの区別)によって修復率は異なります」

と記載されています。

「ダイワンテレコム」の水没修理における復旧率は、

水没当日・・約80%
1週間以内・・約65%
1か月経過・・約50%

となっています。

また、海水などの不純物を多く含む水に濡れた場合は、復旧率が10~20%程度下がります。

もちろん、100%の確率で復旧できる会社はありませんが、修理に出すのが早ければ早いほど、復旧できる可能性は高いということです。

とにかく、なるべく早く修理に出すということが重要です。

ダイワンテレコムの場合、来店ではその日のうちに修理、郵送でも荷物が到着した翌日には、修理を終えてiPhoneが発送されます。

交換部品は純正品または正規品(純正品)に極めて近い純正相当品のみを使用で、3ヶ月の修理保証機関がついています。

キャリアショップに修理を出すよりも、早く、安く修理が出来るため、大変人気の会社となっています。

iPhone修理のダイワンテレコム

このページの先頭へ