便秘と肌荒れの関係

肌荒れと便秘が関係あるのかということになると、関係は大いにあると言えます。

便秘はただ便が出ないというだけではなく、様々な悪影響を体に与えます。

腸の中には環境を整えてくれる善玉菌と、悪い影響を与える悪玉菌、強い方に味方する日和見(ひよりみ)菌があると言われており、その割合は善玉2、悪玉1、日和見7とされています。

悪玉菌が増えて腸内の環境が悪くなって便秘になると、腸内に溜まった毒素が、腸の中で再吸収され始めます。

そして老廃物や毒素が血液を通じて全身にまわることになってしまいます。

血液の循環は、細胞の入れ替わりを行う重要な働きで、どろどろ血液が体の中を回ることで、肌にも悪影響を及ぼします。

太るだけではなく、しわやたるみ、くすみ、にきび、吹き出物、カサつき、顔色の悪さなど、様々な症状が出てきます。また、化粧のノリが悪くなったりしてきます。

また、肩こりや冷え性などの症状が出ることもあります。腸と肌は直結しているとも言われており、腸内の環境を正常に保つことが美肌の第一歩なのです。

実際、便秘が直ったら肌も綺麗になったという人も多く、便秘と肌は密接なつながりを持っているのです。

便秘解消サプリメントの様々なページを見ても、「肌」「化粧のノリ」という言葉があちこち出てきますが、便秘によって肌のトラブルを抱えている人がどれだけ多いかという現実を表しているようです。

便秘と花粉症

便秘と花粉症は全く関係がないような印象がありますが、実はそうでもないのです。「便秘と花粉症」というより「腸と花粉症」というべきですが。

腸は便を排泄するだけではなく、入ってきたものを吸収すべきか異物として排泄すべきか判断する機能を持っています。

便秘や下痢など、腸の環境が正常でない場合、体の免疫機能も影響を受けて、細菌やウィルスによる感染症にかかりやすくなります。

花粉症などのアレルギー症状も、腸の機能を正常に近づけることで免疫システムがうまく働くようになり、症状を緩和したり予防したりすることが出来ます。

便秘が治れば花粉症も治るというものではありませんが、便秘が治るということは腸が正常になるということであり、花粉症の症状が軽くなる可能性は十分にあります。

便秘の人は大腸がんになりやすいのか

便秘は腸内の環境が正常ではない状態であり、腸内が正常でないということは、腸の中で刺激物質が作られたり、炎症が起きたりするということになります。

腸に限ったことではありませんが、炎症を繰り返していると、細胞のDNAが損傷を受けて、細胞の生まれ変わりの時にトラブルが発生して、がん細胞が生まれやすくなるということはあります。

ですが、便秘が直接の原因でがんになるという医学的根拠はありませんので、それほど神経質に心配する必要はありません。

ただし、便秘を予防していくこと、つまり腸内環境を整えるということは、がんの予防にもつながります。

優れた便秘解消サプリメントは

あちこちのランキングサイトで常に上位に顔を出しているのがこの

乳酸菌革命

です。

名前の通り、乳酸菌のサプリメントで、乳酸菌の中でも特にパワフルな働きをしてくれる「ビフィズス菌」と「ラブレ菌」、それに「ガセリ菌」の3つが配合されています。

悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やして腸内環境を改善します。

乳酸菌革命の優れた点は、カプセルタイプで、しっかりと腸に生きたままの乳酸菌が届けられるということ。

乳酸菌自体は弱い生物のため、口から入れても、胃の中では胃酸に、小腸では胆汁によって大半が死滅してしまいます。

そこで耐酸性のカプセルに入れて、胃や小腸で死滅することを防ぎ、大腸まで生きたまま届けることに成功したのが「乳酸菌革命」です。

便秘で病院にいった場合でも、最初に処方されるのは乳酸菌系のサプリメントといいます。

ですが、便秘で病院に行くというのも苦痛なもの。

まずは通販で気軽に手に入る、こちらの乳酸菌を試してみてはいかがでしょうか。

毎朝スッキリに感激!1粒に500億個の乳酸菌★大好評!喜びの声続々と

このページの先頭へ