強烈な足のにおい

靴を脱いだ瞬間に漂ってくる、酸っぱいような、あのツーンとしたにおい。

たまりませんね。自分の足でありながら、嫌になります。でも、私と同じように、自分の足のにおいを自覚している人も多いのではないでしょうか。

こんな状態で、「座敷で会社の飲み会がある」などということになったら、誰かに指摘されはしないかと恐怖です。

特に女性だったら、足がくさいと言われたり、噂になったりするのは耐えがたいことです。

足がにおう原因は、足に住み着いている細菌が原因です。足には常在菌として善玉菌と悪玉菌が住み着いていますが、この悪玉菌の方が、においの発生の原因を作っています。

長時間、靴を履いて仕事をしている人は、靴の中が蒸れていくために足が汗をかき、垢(あか)も出やすくなっているために、悪玉菌が繁殖しやすく、そのため、足のにおいも強烈になってきます。

足のにおいを出さないようにする対策としては、自分もやっていますが、まずは靴に防臭剤入りの中敷き敷いてみることです。

また、

・トイレなどに入って、濡れたもので足を拭き、靴下も変える。
・足に消臭スプレーをかけてみる。
・風呂に入った時に足の指の間まで丹念に洗う。
・靴自体がにおっている場合もありますので、靴をこまめに洗う、買い換えてみる。
・靴下を一日に何度も変える。

といった方法があります。

ですが、靴の中敷きはともかくとして、勤務中に足を拭くとか、靴下を何回も変えるということは、現実的にほとんど無理です。

実際、これらのことを毎日実践しようと思ったら大変な負担になってしまいます。

一番理想的なのは、出勤前の身支度の時に足のにおい消しのクリームなどを塗ってから、靴下やストッキングを履き、勤務中だけでも、その効果が持続してくれることです。

でも、足のにおい消し専用のクリームってあまり聞いたことがありませんよね。いえ、でも、ちゃんと存在してます。

東証一部上場企業(株)北の達人コーポレーションが、2016年より発売を開始した

ノーノースメル

がそれです。

この一本で、「防臭」「制汗」「殺菌」「角質ケア」の四つの効果があるというすぐれもの。

朝と夜の2回、足に塗ります。レビューを見ますと、ラベンダーミントの香りで、しっとりとしているけれども、決してベタつかない、そして塗るとすぐに足がサラサラになって快適な足になる、と使用者の人がコメントしています。

もちろん、一番期待している効果の「足のにおい」に関しては素晴らしい効果を発揮してくれます。

足のにおいに悩んでいる人の投稿

ネット上の悩み相談サイトには、色んな人が色々な悩みを投稿して、それに対して、様々な人が回答を寄せています。

足のにおいに悩んでいる人の投稿も数多く見られます。以下はそれらの一部抜粋です。

 就職してからハイヒールを履きっぱなしなので、家に帰って来てから、足のにおいがひどいです。

 足のにおいが気になって、友達の家に遊びに行くことも出来ません。

 自分の足がくさいのが分かっているので靴を買おうと思っても、試しに履いてみることもできません。

 パンプスとストッキングで勤務していますが、足が蒸れるので、たまにパンプスを机の下で脱ぐと、すごいにおいが漂ってきます。周りの人にも、におっているのではないかと心配です。

 しゃがんだだけで、靴を脱いでないのに、におってきます。

といった感じで、足のにおいに悩んでいる人は随分と多く、特に女性にとっては深刻な悩みとなっています。

一歩踏み出して、何らかの対策をしなければ、いつまでも現状は変わりません。一つの悩みが解決すると、それだけでも人生が変わったような気になりますよ。

ノーノースメルの成分

ノーノースメルは、足のにおいの原因である悪玉菌を抑える成分と、足の肌の環境を整えて、においを発生させにくくする成分が詰まっています。

 イソプロピルメチルフェノール
においの原因を作っている悪玉菌をしっかりと殺菌し、においを抑えます。

 柿タンニン
肌の清浄効果があります。古い角質を分解し、垢(あか)になるのを防ぎます。

上の二つの主成分に加えて、ハッカ、松、レモン、ローズマリーなど23種類の植物由来の成分が配合されてあり、足のにおいと肌の正常化に働きかけます。

ノーノースメルは一本30g。約一ヶ月分です。

足のニオイに『ノーノースメル』

このページの先頭へ