犬の皮膚が異常を起こす原因

犬は大切な家族の一員です。

生き物ですから、人間と同じように病気になったり体調不良になったりすることもあります。

ですが、犬はそれを自分で訴えることが出来ません。だからこそ、飼い主の方で普段からよく観察して以上に気づいてあげることが大切です。

犬に起きる異常といえば、やはり皮膚のトラブル、そして皮膚の異常に伴う抜け毛というのが非常に多い事例です。

目の周りの汚れ、目ヤニ、耳の周辺や体全体のかゆがり、肌荒れ、湿疹などが、その代表的な症状です。

かゆみの原因は様々ですが、犬が自分で噛んだり掻(か)いたりすることで一層悪化してしまいます。

早く気づいてあげて早めに処置してあげましょう。
かゆがっていたり、皮膚に異変が起こっている場合に考えられる主な病気は

 かゆがる場合

何らかの感染
ノミ、マダニ、蚊、シラミ、カイセンなどの寄生虫
エサ、花粉、ホコリによるアレルギー性皮膚炎
膿皮症(のうひしょう)

などが考えられます。

 その他の皮膚の異常

栄養不足
感染
カイセン症
脂漏症(しろうしょう)
腫瘍
寄生虫
アレルギー

などが考えられます。

症状が進行してくると、動物病院のお世話にならなければ改善しない場合も多々あります。

ですが、普段からの飼い主の注意や世話の仕方によって、皮膚のトラブルを防げる場合も、また多くあります。

症状が初期の段階であれば、犬用の化粧水で良くなっていく可能性が極めて高いでしょう。

犬も人間も、皮膚の一番上にある「角質層」が、乾燥や刺激、紫外線などから皮膚を守る重要な役割を果たしていますが、犬の場合、この角質層か人間の3分の1くらいしかなく、非常にデリケートな皮膚をしています。

ですから人間よりも皮膚の異常が起こる確率が圧倒的に高いのです。

犬も人間も、どれだけ注意していても生き物ですから病気になることはあります。

ですが、普段の飼い主側の不注意による皮膚のトラブルだけは絶対に起こしたくはないですね。

ですがつい、やってしまいそうなのが「洗い過ぎ」ということです。

室内犬は、一緒の家で生活するために、においや汚れを気にして洗いすぎている場合が多いのです。

皮膚の表面には皮脂(ひし)があり、これは皮膚を守っているクリームのような役割を果たしていますが、洗い過ぎることによって、皮脂が激減してしまい、皮膚の免疫力が低下して皮膚トラブルに発展する場合が多々あります。

適切なシャンプーの頻度は月に1回か2回くらいです。

また、すすぎが不十分でシャンプー剤が残ったままになっていたり、強いブラッシングをしているのも皮膚トラブルの原因となります。

普段から飼い主が出来る、皮膚トラブルの予防策としては、正しいシャンプーをすること、そして「犬用の化粧水」を常備しておくことです。

皮膚と毛は連動していますから、皮膚を健康に保つことが毛並を健康的にすることにもなります。

代表的な犬のスキンケアのための化粧水といえば、サラヴィオ化粧品の開発した

【AVANCE(アヴァンス)】

でしょう。

毛をかき分けて、気になる部分にスプレーして揉んであげれば、徐々に症状も改善していきます。

ノンアルコールで無添加、防腐剤なども全く入っていませんので、スプレーしたところを犬が噛んだり舐(な)めたりしても安心です。

成分のベースとなっているのは「温泉」の中に含まれている成分です。

本来、サラヴィオ化粧品は、人間の化粧品を開発している会社です。ですから、犬用といえど、人間用の商品と同じくらいの水準に仕上がっています。

犬は大事な家族。健康には最大限の注意を払ってあげたいものですね。

アヴァンス(AVANCE)とは

ワンちゃん用の化粧水「アヴァンス(AVANCE)」。

犬の抜け毛、におい、かゆみ、肌荒れ、敏感肌、目ヤニ、目や耳のあたりの汚れ、肌荒れなど、皮膚と毛の両方に効果を発揮します。

そしてそのベースとなっているの成分が、「温泉藻(おんせんそう)」です。

温泉藻(おんせんそう)とは、温泉の源泉付近などに棲息する藻類のこと。

普通の生物であれば生きられないような、50℃から80℃の環境の中で生息している、極限環境微生物です。

温泉藻(おんせんそう)自体は、世界中の温泉に生息していますが、このアヴァンス(AVANCE)が採用しているのは、日本の大分県別府市の別府温泉で発見された温泉藻(おんせんそう)の一種

「RG92」

という種類です。

この「RG92」が、肌の環境と健康に役立つことを突き止め、治療や予防薬の開発を行い

特許成分 温泉藻類RG92

として特許を取得しています。


温泉の持つ力を科学的に解明し、「塗る温泉水」として開発され、スキンケアとヘアケアのダブル効果をもたらすものがアヴァンス(AVANCE)なのです。

犬のシャンプーの仕方

犬のシャンプーは月に1回か2回くらいの頻度が理想です。犬専用のシャンプーを使って洗います。

洗う前にはブラッシングして、お湯の温度はぬるめで、シャワーは弱い水圧で優しく行います。

乾かし残しは皮膚トラブルの原因になりますので、洗った後の乾燥も忘れずにしましょう。

体を濡らす前に、肛門の左右4時40分の位置にある「肛門線」をぎゅっとしぼってくさい汁を出します。

シャワーをかけて体を一通り濡らします。顔にかける時は特に弱い水圧で。

シャンプーを泡立てて、首から下の、体部分から洗って行きます。

足先や尻尾、お尻周り、顔は特に注意して優しく洗います。顔を洗う時は指先で。目に入らないように注意します。

片手で両耳を抑え、水が入らないように気を付けます。顔の細かい部分はスポンジを使うのも、一つの方法です。

一通りシャンプーできたら、全身にシャワーをかけてすすぎます。スポンジで顔をすすいでもOKです。

顔も全身もすすぎ終わったら洗面器の中にリンスを入れて体にかけます。

体のリンスを洗い流し、乾燥に入ります。
手や足など、しぼれるところは軽くぎゅっと抑えてしぼります。

耳にふっと息をかけると、犬が自分でブルブルして水気を飛ばします。

タオルで全身を拭いた後、ドライヤーで乾燥。

ブラシでとかしながら20-30センチの距離で温風を当てていきます。当てる顔の部分は、真正面から温風を当てないで、頭方向から乾かしていきます。

耳の中をコットンで拭いて終了です。

完全無添加のペット用化粧水『AVANCE(アヴァンス)』

このページの先頭へ