頭皮の皮脂を取り過ぎると、フケや抜け毛が増える

頭をかくと、爪の間にべっとりと皮脂がくっついていた、という経験はないでしょうか。これは頭の皮脂が過剰に分泌されているため、それがべっとりとしたフケとなって爪の間にくっついたものです。

こうした、過剰に分泌されている状態は、頭皮環境が異常になっている証拠です。

本来、皮脂というものは頭皮を含めて体全体に分泌されているもので、皮脂穴から分泌された皮脂は水分(汗)と混じり合って皮脂膜を形成し、皮膚を乾燥や肌荒れから守ってくれる大切な成分です。

皮脂が適正な状態が、しっとりとした潤っている肌ということなのです。

皮脂膜は水分とも混じり合い、酸素も通過させます。化粧品や育毛剤の有効成分の浸透を妨げるものではありません。適正な皮脂は、髪の成長に欠かせない大切な成分となっています。

逆に言えば、皮脂を必要以上に取ってしまうということは、それは抜け毛を増やすことになってしまいます。また、乾燥や肌荒れ、かゆみ、炎症、フケ、抜け毛の原因にもなります。

頭皮の皮脂がごっそりと取れてしまうのは、洗浄力の強いシャンプーで頭を洗ったり、長時間洗ったり、一日に何度も洗ったりしている場合です。

頭皮から皮脂が足りなくなると、体の防衛機能で、これまでよりも大量の皮脂が分泌されるようになります。その結果、脂(あぶら)でギトギトの頭になってしまい、冒頭の「爪の間にべっとりと皮脂がつく」という状態になってしまうのです。

その状態の頭皮を顕微鏡で見ると、勢いよく噴き出して脂の塊になっている皮脂が、髪の毛の根元にくっついているのを見ることができます。

髪を育てるにはその頭皮環境として「適切な量の皮脂」は絶対条件とも言えます。これがいわゆる頭皮環境を正常にするという意味の一つです。

清潔を心掛けるあまり、強いシャンプーでしっかりと洗い過ぎていることが逆に頭皮環境を悪化させているのです。

何事も「ほどほど・適正」というレベルがあります。肌から何もかも取り去っていくことは肌を悪くしているようなものです。

自分の持っている本には「皮脂を取り過ぎると確実に脱毛症を引き起こす」とも記載されています。

皮脂にも配慮されているシャンプーといえば、この

ウーマシャンプー

「頭皮の余分な皮脂は洗い流し、必要な皮脂は取り過ぎない、適度なうるおいを残す洗浄力」が特徴のシャンプーです。

「ウーマ」と名前がついているのは馬油が配合されているから。といっても、頭が油っぽくなったりはしません。洗い上がりはすっきりサラサラ。

馬油は、人間の皮脂に非常に近い性質を持っているので、肌に塗った瞬間に皮膚の隙間に浸透して皮膚を潤すのです。

仮に育毛剤を使っている人ならば、頭皮環境が正常であってこそ、その効果が発揮されるもの。頭皮環境を正常化するシャンプーは必需品です。

ウーマシャンプー

このページの先頭へ