ジェネリックだから出来るこの価格

「ジェネリック医薬品」という言葉を、聞かれたことがあるでしょうか。

現在存在している医薬品には、それぞれ特許権というものがあり、特許権が生きているうちは、その薬を開発した会社しか、その薬の製造や販売が出来ないことになっています。

ですが、特許権は永遠のものではなく、20年という期限があります。

特許権の期限が切れると、その有効成分を使って他の会社もその薬を製造・販売できるようになり、これを「ジェネリック医薬品」と言います。

医薬品は、新薬(先発医薬品)を開発するために何十億とも何百億ともお金がかかりると言われていますが、ジェネリック(後発医薬品)だと、元々あるものをベースにしているわけですから開発費も極端に少なく、それで売価も低く設定することが出来るのです。

「カークランドロゲイン」は、あの有名な育毛剤「ロゲイン」のジェネリックです。

価格も、6本で7900円という超破格値です。更にこの

「カークランドロゲインとフィンペシアのセット」

には、飲む育毛剤である「フィンペシア」が100粒ついています。

おそらくここまで安いのは、国内では他にはないのではないでしょうか。

安いといっても、効果は本家のロゲインと同等のもの。ロゲイン同様に、 ミノキシジルが5%配合されています。

カークランドとは、アメリカの激安販売店コストコのブランドです。

育毛剤は、何ヶ月と言う単位で使うものです。通常の育毛剤であれば、 1本当たりは8000円から1万円が相場ですが、毎月これだけの金額を払うのはキツイものがあります。

ですが、このカークランドロゲインであれば1本あたりに換算すれば、1本1000円ちょっとです。安くて効果がある育毛剤を探している人であれば、うってつけの育毛剤と言えるでしょう。

カークランドロゲイン5%(男性用) フィンペシア(100粒)付

フィンペシアとは

フィンペシアも、カークランドロゲインと同様にジェネリック医薬品です。

フィンペシアの原本となっているのは「プロペシア」という育毛剤で、これは頭皮に塗る育毛剤ではなく飲むタイプの育毛剤です。

プロペシアは、インドの製薬会社が製造および販売しているもので、その主成分であるフィナステリドは、抜け毛予防と発毛に効果があると正式に認められている成分です。

このプロペシアのジェネリックがフィンペシアなのです。

ですから効果も、本家であるプロペシアとほぼ同等。この

「カークランドロゲインとフィンペシアのセット」

は、カークランドロゲインという育毛剤で頭皮という外部に働きかけ、フィンペシアを飲むことによって内部から発毛促進するという理想的な組み合わせなのです。

育毛剤の効果が見えてくる期間は

だいたい3ヶ月から6ヶ月と言われています。

この育毛剤によって新規に生えてきた毛は、極めて細くて弱々しいものです。しかも生えてきた毛穴は、その前まで、ある程度の太さの毛が生えていた毛穴ですから、ゆるゆるです。

ですから、生え始めたばかりの毛をこすったり、静電気が当たったりすれば簡単に抜けてしまいます。

この弱々しい毛が長く太く成長して、目に見えるほどの状態になるまでが大体3ヶ月以上と言われています。

また、育毛剤を使い始めて最初の頃は一時的に抜け毛が増えるという現象を経験する人がいます。

これは育毛剤によって、抜ける生え変わるというサイクルが促進されたためで、驚かずに使い続けてみましょう。

その育毛剤があなたに合ってるかどうかは、何ヶ月という期間を待たなければならないのです。

毎日のケアの積み重ねが、数ヶ月後に結果となって跳ね返ってきます。

カークランドロゲイン5%(男性用) フィンペシア(100粒)付

このページの先頭へ