痩せの大食いはなぜ起こる?

いくら食べても太らない人っていますね。毎日かなりの量を食べているのに、一向に太らない。それどころか、むしろ痩せてます。

テレビの大食い大会に出て来る人でも、普段から大食いのトレーニングをしているはずなのに、普通の体形の人が多くいます。

こういった、食べても太らない人というのは主に、「基礎代謝が高い」ということと、「吸収率が低い」というのが大きな要因となっています。

もちろん、人間の体のことですから、太らない理由はこれだけではありませんが、この二つが大きな理由だと考えられています。

「基礎代謝」とは、何もしなくても体が消費してくれるカロリーのことを言います。

体温を維持するのにもカロリーは消費しますし、食事をして内臓が動けば、それもカロリーを消費しますし、寝ていてもカロリーは消費されます。

基礎代謝は、年齢、性別、体重、身長、体脂肪率によって、人それぞれ違っており、食べても太らない人は基礎代謝の高い人です。

どんどん体がカロリーを消費してくれるから太らないわけです。太っている人からすれば実に羨ましい限りです。

横の写真は男性の写真ですが、この両者、体の中身が全然違うことは一目瞭然ですね。基礎代謝が違うということも、はっきり分かると思います。

体の中でカロリーを多く消費してくれるのは筋肉です。筋肉量が多い人ほど基礎代謝は高くなります。

基礎代謝は、持って生まれた数字というものがその人の一生の、ある程度の基準にはなってきますが、ずっと一定ではありません。状況によって基礎代謝は上がったり下がったりしてきます。

上がる場合というのは、前述のように、長年の筋トレによって筋肉量が増えてきた場合などで、下がってくる場合というのは、年齢を重ねてきた場合や、長期間のダイエットで小食がずっと続いている場合などです。

ダイエットではよく「ずっと小食を続けていると、それに体が慣れてきて、停滞期がくる」と言われてますね。あの現象がそうです。

また、コンテスト前には過酷な減量を行うボディビルダーも、減量期であっても週に1回くらいは「チートデイ」と呼ばれる、好きなものを腹いっぱい食べる日を設定しています。

ずっと食事制限を続けていると、基礎代謝が落ちてくるので、それを防ぐためです。

もちろん、一日のチートデイが終わると、再び厳しい食事制限の世界に入っていきます。

ダイエットには、カロリーという概念は必要不可欠です。

運動をしてカロリーを消費する
置き換えダイエット食品で摂取カロリーを減らす
食事制限で摂取カロリーを減らす

など、様々な方法でカロリーダウンを目指します。

ですがひそかに、かなりの影響を及ぼしているのが基礎代謝。これが高くなってくれると、ダイエットもかなり加速します。

エクサ コンプリートPRO

は、その基礎代謝に働きかけるサプリメントです。錠剤タイプで飲みやすく、飲めば代謝をアップしてくれます。

愛用者にアンケートをとったところによると

飲んで体感はありましたか?・・・「はい」92%
どのような体感でしたか?・・・「体が熱くなった」44%・「少し動いただけで汗出た」38%


とあります。

もちろん、自分の努力は必要ですが、これを飲んでいるのと飲まないで運動するのでは結果に大きく差が出て来るでしょう。

エクサは、2大燃焼成分を配合

エクサ コンプリートPROは、燃焼系ダイエットサプリメントとして、2004年から販売されているロングラン商品です。

脂肪を燃焼させる2大成分「L-カルニチン」「コエンザイムQ10」を主成分としています。この二つ、ダイエットサプリの世界では有名成分で、ほとんどのダイエットサプリには、このどちらかが入っています。

この二つをブレンドして配合してあるのが、エクサ コンプリートPROです。

L-カルニチンは、脂肪を、細胞内のミトコンドリアに運ぶという重要な役割を持っています。このミトコンドリアが、脂肪をエネルギーに変換してくれるのです。

ただ、脂肪は単独ではミトコンドリアまで到達できません。L-カルニチンの助けがあってこそ、ミトコンドリアまで届くのです。L-カルニチンが十分あれば、脂肪は順次エネルギーとして消費されていき、太りにくい体へとなっていきます。

コエンザイムQ10は、細胞内のミトコンドリアに存在している物質です。体を動かすエネルギーの大半を作り出している補酵素です。コエンザイムQ10が十分にあれば、脂肪の多くがエネルギーに変換され、効率よく脂肪が消費されます。

「エクサ コンプリートPRO」に配合されている成分は、もちろんこの2つだけではなく、他に

アカショウマ・ヒハツ・トウガラシ・高麗人参、など、全部で12種類の自然成分が配合されており、年齢と共に痩せなくくなった人をしっかりサポートしてくれます。

エクサ コンプリートPRO

このページの先頭へ