出産後、ゾッとするような大量の抜け毛

出産を境に、髪が大量に抜け始めたという経験する女性は非常に多く、その比率は70%とも言われています。

これは「産後脱毛症」または「分娩脱毛症」と呼ばれ、女性特有の症状で、特に病気というわけではありません。

こういった現象が起きるのは、妊娠中に分泌される女性ホルモンが大きく関係しています。

妊娠中は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が活発で、それが髪にも影響を与え、本来だったら寿命がきて抜け落ちてしまうはずの髪が、更に残って成長を続けるのです。

そして出産後にホルモンが一気に減ると、これまで寿命以上に残っていた髪が次から次へと抜けていくという現象です。


そしてそれに加え、育児の忙しさや睡眠不足、ストレスなども加わって、抜け毛は更に進行していきます。

だいたい産後2~3ヶ月から抜け毛が始まり、ピークは6ヵ月後くらいです。女性の場合、男性とは違って特定の抜けやすい部分というものはなく、頭全体から抜けていきます。

この時期、ブラシにごっそりと抜け毛がついたり、風呂の排水溝に大量の髪が絡(から)みついたりします。

また、抜け毛までには至らなくても、髪が細くなったり、ハリやコシがなくなって、髪型がペタンコになったりする場合もあります。

個人差もありますが、多くの人は、産後10ヶ月くらいから抜け毛も減り、回復までに一年から一年半くらいかかると言われており、かなりの時間を要します。

ただし、これも人間の体のことですから、中には髪が減ったまま回復しない人や、抜け毛が止まらない人も出てきます。

もしも、自分が「回復しない人」の方だったらと思うとゾッとしますよね。

抜け毛や薄毛が気になっているのならば、早めに対策を行った方がやはり安心できます。

髪の問題といえば、やっぱり頼りになるのは育毛剤。

ですが育毛剤というと男性用というイメージがあり、においがきついのでないかとか、薬局では直接買いにくいという印象がありますね。

そんな方にはこちらの

【髪萌 育毛エッセンス HATSUMOE】
(ハツモエ)

はいかがでしょう。女性専用の薬用育毛剤で、医薬部外品です。

気になるにおいもなく、つけると頭がスースーするといったような刺激もありません。

デリケートな女性の頭皮のために、香料、着色料、鉱物油など、一般的に使われている刺激物は極力排除してあります。だから頭皮に優しいのです。

「頭皮に栄養・抜け毛を予防・発毛を促進」の3つの機能。

公式サイトには、「HATSUMOE(ハツモエ)」を使ったモニターさんの写真と感想も掲載されています。

そこには「白髪が減った」というコメントも見られます。

出産後の抜け毛だけではなく、髪が薄くなったと感じている人、抜け毛が増えたと感じている人、髪のボリュームが減ったと感じている人にとっても最適な育毛剤です。

育毛剤の効果が感じられるまでの期間は

最低でも3ヶ月くらいで、だいたい半年くらいと言われています。育毛剤によって新規に生えてきた髪は、最初は目に見えないほど細くて短く、弱々しい毛です。

これが長く太く成長し、目で確認できるほどに育つには短くても3ヶ月くらいはかかるからです。

ただし、育毛剤には発毛を促進するという効果以外にも「抜け毛を減らす」という重要な働きもあります。

抜け毛が減っただけでも髪が増えたように見えます。
これまでだったら抜けていた毛がそのまま残って成長を続けるからです。

1ヶ月に1回、美容院に行く人であれば、1ヶ月間にどれだけ自分の髪が伸びているかは分かるでしょう。

また、枕についた抜け毛や排水溝に引っかかった髪を見ても、これまでと抜け毛の量を比較することができます。

抜け毛が減ったなと感じたら、それは効いている証拠。是非継続してみましょう。

それと、これも重要なことですが、たまに育毛剤を髪に降(ふ)りかける人がいますが、育毛剤は頭皮につけるものです。髪に降(ふ)りかけても効果はありません。

HATSUMOE(ハツモエ)は、使いやすい先細りのノズルになっていますから、気になる部分の髪をかき分けてピンポイントで頭皮に塗っていきましょう。

医薬部外品 HATSUMOE(ハツモエ)の効果効能は

育毛・薄毛改善・養毛・毛生促進・発毛促進・脱毛予防・かゆみとふけを止める・病後の脱毛回復・産後の脱毛回復

となっています。

HATSUMOE(ハツモエ)で頭皮を活性化し、太く長い髪を育て、若々しいボリュームを目指しましょう。

【驚きの実感力!女性用薬用育毛剤 HATSMOE育毛エッセンス】

このページの先頭へ