イメージ画像

メタバリアスリムが便秘解消に有効な理由。悪玉菌減少の効果とは

便秘になると体重が増えますが、これは便が溜まってしまっているのが原因なので、排便すればその分体重も減りますから肥満ではありません。

ですが、便秘は肥満を引き起こす要因となります。

便が腸内に長期間溜まると、便から有毒物質が発生して腸壁から吸収されて血中へと取り込まれます。

有毒物質が取り込まれた血液はドロドロになって流れが悪くなるため、代謝が低下してしまいます。

代謝は老廃物を排出したり、エネルギーを生成して脂肪を燃焼させる働きを持っているので、機能が滞ると脂肪の燃焼効率が悪くなり肥満が引き起こされます。

また、老廃物が便で排出されないと、血液に乗って全身をめぐり、汗が出やすい顔の毛穴から排出されるので肌トラブルも起こります。

このように便秘は肥満やトラブルを引き起こす元となるので、美容のためにも早く解消しなくてはいけません。

メタバリアスリムには、水溶性の食物繊維が入っています。

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、便に取り込まれると便を柔らかく粘り気のある状態にして、腸内を移動しやすくさせる働きを持っています。

そのため長期間溜まったせいで硬くなった便も柔らかくなるので、排便しやすい状態になり便秘を改善できるのです。

また、水溶性食物繊維は善玉菌が分解しやすいという性質を持っています。

ですので腸まで運ばれると、善玉菌によって細かく分解されて餌になり、善玉菌を増やす効果を持っています。

善玉菌が増えると、乳酸や酢酸が生成されて腸内が酸性に傾きます。
酸性の状態は善玉菌が住みやすく、悪玉菌にとっては住みにくい環境になるため、善玉菌はどんどん増殖して悪玉菌は減少していきます。

悪玉菌が減少すれば、腸内環境が整いますから便秘を解消出来る状態になります。

水溶性食物繊維はレタスなどに含まれますが、含有量は100gあたり0.1gとほんのわずかしか摂取できません。

メタバリアスリムなら、8粒中に1.12gも配合されていますから、便秘解消効果や悪玉減少の効果を得ることができるのですね。

メタバリアスリム

サブコンテンツ

このページの先頭へ