イメージ画像

便秘になってしまう食事や生活習慣と簡単な解消方法について

便秘の直接の原因は腸内環境の悪化ですが、この状態を引き起こす大きな要因となるのが食事や生活習慣です。

口から入るものによっては腸に大きな負担をかけて機能を低下させますし、生活習慣も体の機能に関わっているので、食事や生活習慣が便秘を引き起こす要因になるのです。

まず便秘になりやすい食事ですが、現代人を取り巻く食環境自体が便秘になりやすいと言えます。

コンビニや外食で使用されている加工食品は、栄養素があまりなく添加物がたくさん使われています。

添加物というのは人工的に作られた物質ですから、体内では不要物に仕分けられますが、異物を排除するにはたくさんの栄養が必要です。

それなのに食事をしても栄養素が不足した状態になるため、体内器官は疲弊してしまい働きがどんどん衰えます。

また、近年は食生活が欧米化していて、消化しにくい肉食が中心になっています。

日本人は肉を消化する酵素がもともと少ないため、肉類が多い食事だと消化に時間がかかり、これも腸などに負担をかけてしまうので便秘になりやすいのですね。

生活習慣でいうと、運動不足は腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進する筋肉量を減少させますし、質の悪い睡眠は体内機能の修復を滞らせます。

ストレスが溜まっていると自律神経が乱れて腸の活動が低下しますし、冷たいものの摂り過ぎや肌を露出するファッションで体を冷やすのも胃腸の働きが悪くなります。

こういった原因から考えれば、便秘を解消するには食事や生活習慣を改善するのが一番の近道です。

加工食品や肉類の摂取を減らす、運動をして筋肉を鍛える、質の高い睡眠を取るなどを心がけることが便秘解消につながります。

ただ、それができないから便秘に悩む人が多いのが現実ですね。

ですのでもっとも簡単な解消法は、善玉菌を活性化させて悪玉菌を減らす効果がある成分を摂取して、腸内環境を整えることです。

水溶性食物繊維など善玉菌の餌になる成分を摂れば、悪玉菌が減少して腸内環境が整い、便の排出を行う機能が活性化されます。

サプリメントなら必要な成分が手軽に摂れるので、すぐに出来ること、無理なく続けられることを始めるのが便秘解消の一番簡単な方法です。

メタバリアスリム

サブコンテンツ

このページの先頭へ