腰痛の時は、安静にすべきか動くべきか

痛くて動けないほどの腰痛であれば、当然、横になって安静にしておくべきですが、少し落ち着いてきたら無理をしない程度に動いた方が回復が早いと言われています。

全然動かないというのも、そのまま組織が固まるような感じになるため、回復が更に遅くなります。

特に、ある動作をきっかけに起こるぎっくり腰は、本来なら椎間板の中央にある髄核(ずいかく)がずれて神経に触っている場合が多く、これが痛みの原因ともなっているわけですが、動くことによって、この髄核(ずいかく)が自然と元の位置に戻っていきます。

ずっと安静にしていると、ずれた状態がそれだけ長く続くということになります。

動くといっても、もちろん普通の動きは出来ませんが、ゆっくりした動作でも普通の生活をするように心がけてみましょう。

まずは起き上がって座ることですね。ですが、腰が痛い時には、普通にどかっと座ることなど出来ません。

腰が痛い時、あるいは何度もぎっくり腰の経験があって腰が不安な方、デスクワークや運転が仕事で、毎日同じ姿勢を何時間もとっている方に、こちらは腰への負担を軽くするイス用マットです。

馬具マットのプレミアムバージョン

座る部分が変わった形状をしていますが、これは乗馬の時に使う鞍(くら)の形をヒントに作られたマットです。

お尻にかかる負担を分散し、「面」で上半身を支えるので腰への負担を軽くしてくれます。

腰に違和感がある方に使ってほしい 馬具マットプレミアム

このページの先頭へ