イメージ画像

秋になるとバサバサと髪が抜ける

自分にも経験がありますが、秋ごろ、風呂に入って髪を洗っていると、突然バサバサと髪が何十本も抜けたことがあります。

排水口のフタは今抜けた髪がたくさん絡みついており、びっくりしました。そして次の日もまた次の日も髪を洗うたびに何十本となく抜けて排水口のフタに引っかかります。

なぜ?数日前まで、全くこんなことはなかったのに、突然こんな・・と、ビビり上がりました。この突然の大量の抜け毛は数日間続き、ようやく収まりました。

抜けた髪は風呂のゴミ入れに捨てていたので、それを見るとゾッとするほどの量でした。数日間でかなり抜けました。

本で読んだところによると、この現象は夏の間に強い日差し、すなわち紫外線を浴び続けたことが原因のようです。

当時自分は外周りの営業をしていましたので、もちろん、頭に日差しを浴びることになります。

夏の間に頭皮が紫外線によってダメージを受け、そのため頭皮の血管から栄養をもらっている髪への栄養補給がうまくいかなくなり、髪が秋ごろになって死んでしまうのです。

日差しを浴びて毛が抜けるといえば、腕など、体の日焼けした部分の体毛も抜けるような気がしますが、こちらは抜けるようなことはありません。紫外線によって抜けるのは頭髪だけです。

これは、体毛が、皮膚の一番奥にある真皮層の奥から血液によって栄養を供給されているのに対し、頭髪は頭皮の表面の毛細血管から栄養をもらっているため、頭皮にダメージがあると、その栄養補給がうまくいかなくなるために抜けてしまうのです。

秋に大量の抜け毛が起こった時でも、それが夏の日差しによる一時的なものであれば、いずれ抜け毛は止まり、また髪は生えてきます。

もちろん、その間は市販のシャンプーのような刺激の強いものは避けて育毛シャンプーを使って大事に手入れすることが大切です。

ただ、秋ごろの大量の抜け毛は、それが一時的なものか、今後も抜けていくのか判断が難しいところです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ