イメージ画像

なぜ薄毛になるのか

人間は体内に、「5α-リダクターゼ」という酵素を持っており、この酵素は、頭の皮脂腺にも多く存在しています。

5α-リダクターゼが活発に働くことによって、男性ホルモンであるテストステロンからジヒドロテストステロンが生成されます。

このジヒドロテストステロンが、毛母細胞を弱らせ、髪の周期を狂わせます。

通常、髪は発毛して産毛の状態から太く長く成長していきます。一度生えると、だいたい2年から6年は成長期です。その後成長は止まり、やがて抜けていきます。その間に別の髪が生え始めています。

髪の周期が狂うということは、まともな成長期を迎えずに、産毛の段階で成長が止まり、抜け落ちることを意味します。

毛がなくなった部分も髪が生えていないのではなく、髪は生えてきています。ただ、あまりにも初期の段階で抜けていっているだけです。

この「5α-リダクターゼ」には、タイプⅠとタイプⅡがあり、抜け毛を促進するのはタイプⅡの方です。そしてタイプⅡは前頭部(おでこの上)と頭頂部(頭のてっぺん)に多く存在しています。

男性に、おでこの上と頭のてっぺんの毛が薄い人が多いのもそのためです。

後頭部と頭の横の部分はタイプⅠが多く存在しています。

5α-リダクターゼは、若い頃にすね毛が濃かったり胸毛があったりなどの男性ホルモンが多かった人ほど多く作られる傾向があります。

ヒゲや体の毛が多いと、逆に頭の毛が薄くなっていく傾向があるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ