イメージ画像

病院での脱毛治療

自宅で育毛剤を使うだけではなく、病院へいって男性型脱毛の治療を受けている人もいます。脱毛に関しては、すでに病院の方でも治療の方法が確立されており、症状によって、以下の薬などが処方されます。

 プロペシア(フィナステリド) <飲み薬>
男性型脱毛治療薬として、最もポピュラーなもので、1日1回、1錠を飲みます。元々は前立腺肥大(尿が出にくいなど)の治療薬でしたが、これを飲んでいる人たちから「髪が増えてきた・抜け毛が減った」などの報告があり、脱毛治療薬に転用されるようになりました。

脱毛の原因である、男性ホルモンDHTの生産を抑え、脱毛を抑えます。
発毛や抜け毛防止だけでなく、髪を太くする効果も証明されています。

副作用として、勃起不全、性欲減退、胃のむかつきなどが起こる人がいます。
服用には医師の診断が必要です。女性は服用できません。

 デュタステリド <飲み薬>
元々は、前立腺肥大、排尿障害の治療薬でしたが、育毛にも効果があることが分り、こちらが処方されることもあります。ただし、薄毛の治療薬としては未認可です。

1日1回、1錠を飲みます。
副作用として、勃起不全、性欲減退、乳房の女性化(胸がふくらんでくる)などが起こる人がいます。
服用には医師の診断が必要です。女性は服用できません。

 リアップ(ミノキシジル) <塗り薬>
元々は、高血圧の治療として使われていましたが、ミノキシジルを飲んでいた人の髪が増えたことから研究されるようになり、発毛効果が高いということで、現在では最も有名な発毛・育毛剤の成分となっています。

日本では塗り薬(育毛剤)としてのみ認可されており、飲むことは禁止されています。
ミノキシジル配合の育毛剤で有名なものに「リアップ」があり、薬局で第1類医薬品として買うことが出来ます。薬剤師の対面販売が条件となっていますが、最近、第1類・第2類の医薬品の通信販売を禁止する省令が無効となり、ネットでも買えるようになりました。

副作用として、めまいやむくみ、頭皮のかぶれ、ただれが起きる人もいます。異常が起こったら使用を中止して、別の成分の育毛剤に変えましょう。

飲むタイプのミノキシジルを海外から買っている人もいますが、過去に副作用で死亡例もあるため、事故の可能性は否定出来ず、避けた方が懸命です。塗るタイプのみ使用するようにしましょう。

病院での治療の場合、1ヶ月あたり費用は薬代を含めて1万から1万5000円くらいというのが相場です。皮膚科・形成外科・美容外科が専門ですが、どこの病院でも対応しているわけではありませんので、事前に調べておくことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ