イメージ画像

代表的な育毛成分

男性は年齢と共に段々と頭の毛が薄くなっていく人が多くいます。これは自然の現象であり、病気とは違います。

特に髪が薄くなりやすいのが、おでこの上の「前頭部」と、頭のてっぺんである「頭頂部」です。

この2箇所には、「5αリダクターゼ」の「タイプⅡ」と呼ばれる物質が存在し、この物質が活発に働くことによって毛の細胞を弱らせ、抜け毛の原因になると言われています。

現在、多くの育毛剤が市販されていますが、中心となっているのは、この「5αリダクターゼ」の働きを阻害するタイプの育毛剤です。

髪の毛のサイクルが正常に近づけば、これまで産毛の段階で抜けていた毛も成長するようになり、結果として髪が増えるというメカニズムです。

 フィナステリド
「5αリダクターゼ タイプⅡ」の阻害薬で、代表的な育毛成分であり、飲んで体の中から働きかける成分です。脱毛症の進行を止めると共に発毛を促進します。

臨床試験では、3年で98%以上の人に対して脱毛を止める効果がありました。特に早期の男性型脱毛症においては効果が高いと言われています。

代表的な商品はプロペシア。

 ミノキシジル
飲むのではなく、頭皮に塗る外用薬です。頭のてっぺん(頭頂部)の毛を増やす効果がありますが、おでこの上(前頭部)や、生え際への効果は薄いと言われています。

元々は外用薬ですが、後に飲むタイプのミノキシジルも発売され、こちらの方は髪の毛だけではなく、全身の毛を増やす作用があります。

代表的な商品はロゲインと、リアップ。

 ノコギリヤシ
5αリダクターゼの働きを阻害する成分で、実験により育毛発毛の効果が確かめられています。

また、頭皮の皮脂の分泌を減少させるという効果もあり、髪の育ちやすい環境に頭皮を保つという効果もあります。

代表的な商品はフェルサ。

 ヒオウギエキス
ノコギリヤシと同様、5αリダクターゼの働きを抑えて育毛発毛を促進させる成分です。

代表的な商品はプランテル。

サブコンテンツ

このページの先頭へ