イメージ画像

ハゲは遺伝するのか

祖父も父親もハゲているから、自分もいつかああなるんだろうと諦めている人、あるいは怯えている人はたくさんいます。
親からはいろんな体質が遺伝しますから、ハゲる因子も遺伝すると考えられています。

ハゲが遺伝するかどうかについては、父方と母方の両方の因子が関わってきており、下のように説明されています。

人間に2つの因子を想定します。
ハゲる因子を▲、正常な髪の因子を△とします。

父【△△】 × 母【△△】 = 子【△△】(2つとも正常な因子)

父【▲△】 × 母【△△】 = 子【△△】 【▲△】(2パターン)

父【▲△】 × 母【▲△】 = 子【△△】 【▲△】 【▲▲】(3パターン)

父【▲▲】 × 母【▲▲】 = 子【▲▲】(2つともハゲる因子)

男性の場合、ハゲる因子を一つでも持っていると、将来ハゲになる可能性があるとされています。ただこれは可能性の問題であって、確実にハゲるというわけではありません。

上の式のように父親がハゲていても(因子が【▲△】)、子供には【△△】の因子になる場合があり、その場合にはハゲになったりはしません。

父や祖父の髪が全くないからといって、自分もそうなるとは限らないのです。

ですが、逆の場合もあります。

父親がハゲの因子をもっていながらハゲていない場合(因子は【▲△】)で、母も【▲△】の場合だったら、子供には【▲▲】(ハゲる因子2つ)というパターンがあります。

その際は、親戚や父・祖父、誰もハゲていないのに、自分だけがハゲる、ということも起こり得ます。

だいたい男性であれば、ハゲる遺伝的体質を受け継いでいる確率は71%から75%、女性では25%から29%と言われています。

遺伝だからと最初から投げやりにならないことが大切です。
仮に将来的に全部ハゲてしまう人が、何も対策をしなければ、20代から髪がどんどん抜け始め、30代で完全につるつるになってしまう場合もありますが、育毛剤や育毛シャンプー、食生活に気をつけることによって50代まで髪を持ちこたえさせることも出来ます。

手入れや生活習慣はそれほど髪にとって大事だということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ