イメージ画像

帽子やヘルメットは抜け毛の原因か

髪に悪いのは、夏の強い日光です。体に紫外線を浴びると日焼けしますが、頭皮にも同じことが言えます。

ただ、日焼けしても腕や脚の毛が抜けてしまうことはありませんが、髪の毛の場合、頭の日焼けが元で髪が抜けていくことがあります。

同じ体から生えている毛なのに違いが出るのは、体の他の部分と頭皮では血液の循環や、毛に対する栄養の供給システムが違うためです。

夏場に日差しが強い時には帽子をかぶった方が髪には良いのです。ですが昔から「帽子をかぶるとハゲる」という説があります。

帽子をかぶると頭がムレて髪に良くないという印象からきた説だと思われます。実際に帽子が髪に悪いとするなら、その一番の要因は、きつい帽子をかぶっていることによって血行が悪くなり、髪への栄養供給が悪くなるからということです。

気温29度の状態で、きつい帽子をかぶっていたら抜け毛が増えたというデータもあり、帽子が髪に影響を与えることはあり得ると言えます。

気温の高い時はわりと大きめの帽子をかぶることが理想です。

また、夏に毎日のように日光を頭に浴びていると、秋頃になってその影響が出始め、髪がバサバサと抜けていくことがあります。自分にもその経験はあります。夏の間に痛んだ毛が実際に抜けるまでには時間差があるということです。

夏が終わったからといって油断は禁物で、髪に影響が出るのは秋ごろと心得ましょう。

また、ヘルメットは、中にクッション材が入っていることもあり、帽子に比べると通気性は良く、ムレにくくなっています。ですが、ヘルメットをかぶって仕事をしている人は、危険を伴う現場にいることも多く、そのストレスのせいで髪が抜けるということは考えられます。

確かにヘルメットをかぶったり脱いだり、つけている最中にズレたりと、髪を引っ張ったりスレたりすることは多いものの、一般的な印象のように、ヘルメットをかぶっているから、どんどん毛が抜けていくというようなことはありません。

髪に良いとは言えませんが、そこまで神経質になる必要はないということです。

ですが、ヘルメットは何十回もかぶっていると、中に雑菌が繁殖して、せっかく頭を清潔にしていてもヘルメットのせいで頭が不潔になり、フケが過剰に出たり頭皮に湿疹が出たりする場合もあります。

帽子もヘルメットも時々除菌スプレーをしたり、日の光に当てて日光消毒をすることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ