イメージ画像

抜け毛を防止する生活習慣

 正しいシャンプーを使う。
自分の目的に合った正しいシャンプーを選ぶことが大切です。何でもいいという選び方では、髪や頭皮を傷つけることがあります。

 頭皮をマッサージする。
頭皮が硬くなっているところは抜け毛の可能性のある危険な場所です。マッサージして弾力を取り戻しましょう。

 タバコを控える。
タバコは毛細血管を収縮させて血行を悪くします。禁煙は難しいので、せめて一日20本以内に。

 ストレスをなくす。
強いストレスは円形脱毛症の最も大きな原因と言われています。仕事で腹の立つことはどうしてもありますが、自分なりの気分転換を見つけ、心を安静に保ちましょう。

 食事のバランスに気をつける。
好きな物だけ食べていると栄養が偏(かたよ)ってしまいます。色々なものを小量ずつ食べるように工夫しましょう。

 自分の頭皮の状態を知る。
季節や生活環境で頭皮の状態は変化します。フケの量や、頭をかいた時にべったりと皮脂が爪についたりしていないか、自分の頭皮の状態を把握しておきます。

 体と内臓の健康を心がける。
自律神経のバランスが崩れたり、内臓に病気があると脱毛する場合があります。病気になるような生活習慣は改めましょう。

 睡眠は十分に。
慢性的な寝不足だと髪が育ちにくくなります。極力寝るように、そして規則正しい生活をするように心がけましょう。

 専門家に相談する。
家であれこれと悩んだり、自分で調べるよりも、自分の頭皮や髪の状態を知るためには、やはり専門家に診てもらうのが一番です。

 同じ育毛剤を半年は使う。
髪が成長していく過程において、毎日ぐんぐん伸びていくということはあり得ません。目に見える変化が現れるのはどんなに短くても最低3ヶ月、普通で半年はかかります。あせらずじっくりとやりましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ