起きた時に、腰が痛くなってたことはありませんか?

原寸画像右寄せ

自分はこれまで敷きぱなしでぺちゃんこの万年布団で寝ていました。ですが、これで寝ていますと、ちょっと長い時間寝ていると起きた時にいつも

「腰がぴきぴきぴきっ!」
「あたたたた、腰が痛い!長時間寝るんじゃなかった。」


となってました。

酒が好きなので毎日寝る前に焼酎を飲んでますが、普段は会社でアルコール検査があるため、少し飲むだけです。その反動で、休みの前日には結構飲みます。飲む量が増えると必然的に睡眠時間も長くなってしまいます。10時間寝てた、ということもたびたびです。

長時間寝ると必ずといっていいほど腰が痛くなります。起きて何時間かすると回復するのですが、もしもこのまま腰痛にでもなってしまったら

「寝てたら腰痛になった」

ということになってしまいます。

自分がトゥルースリーパーを買ったのは、それが理由でした。

これまで使っていた寝具といえば、厚さ3cmくらいのマットレス(4000円)の上に、年季が入りすぎてぺちゃんこになった敷き布団を敷いていました。

この更に上にトゥルースリーパーを敷きました。初めて寝ころがると、体の形に合わせてマットが沈み、まるで自分の型を取られているような特殊な感覚でした。でもこれにはすぐに慣れました。

使った感想は、前評判通り、「長時間寝ていても腰が痛くなってない」、「起きた時に体がすごく楽」ということです。

今ではこれが普通になっていますが、始めてトゥルースリーパーで寝た時の感心と驚きは今でも覚えています。

気持ち良く寝て、快適に目覚めたいなら、やっぱりこれですね。

トゥルースリーパー プレミアム

素材はウルトラ ヴィスコエラスティック

アメリカ航空宇宙局(NASA)が、宇宙飛行士のために開発したと言われる低反発素材にヒントを得て開発されたのがウルトラヴィスコエラスティックです。

トゥルースリーパーは、この素材100%で作られています。弾力性や復元力に優れており、体温や体圧によって反発力や形が変化します。

まさに快眠用の低反発素材なのです。

通常のマットレスは、腰や肩に体圧が集中するため、その場所の血管が圧迫され、血行が悪くなり、コリや痛みの原因になりますが、トゥルースリーパー プレミアムは体圧を分散して、体全体を優しく包み込みます。

全室トゥルースリーパーを採用している旅館やホテルもあり、その効果のほどは実証済みです。

愛用者の声

「寝るのが楽しみになった」と評判です。

 「肩や腰が痛い」と、起きることがなくなりました。
大田由美子さん(38)


前に使っていた寝具では、寝起きに肩や腰の痛みが残っていて、前日の疲れが取れませんでした。トゥルースリーパーだと横になった時に、肩や腰を包み込んでくれる。体と寝具の空間をトゥルースリーパーが埋めてくれるので、質の高い睡眠に変わったと感じています。今は目覚まし時計が鳴って「あ、朝なんだ!」と起きる毎日です!

トゥルースリーパー プレミアム

リンク先はショップジャパンですが、売り切れの場合、楽天やアマゾンで検索すると、ヒットすることがあります。

トゥルースリーパー プレミアム 楽天検索結果

トゥルースリーパー プレミアム アマゾン検索結果

このページの先頭へ