イメージ画像

腰に優しい「匠の腰楽座椅子」

家具デザイナーと馬具職人、そして整体師の経験と知識から生まれた座椅子が

匠の腰楽座椅子

です。

「馬具」という言葉がついているように、実際に座る面が曲線的に盛り上がっています。これは、乗馬の鞍(くら)をモデルに開発されたものだからです。

座ると、まるで鞍の上にまたがっている様な感じで背筋が伸びていきます。

座る面の、股の中心に位置する場所が盛り上がっており、これが腰が段々と前に出て行くことを防ぎます。なおかつ長時間座っていても疲れにくい構造になっています。

乗馬の鞍のような安定感のある座椅子がこの「匠の腰楽座椅子」なのです。

体圧を分散させる構造

匠の腰楽座椅子は、背もたれの部分も曲線を描いています。この盛り上がりが背筋をピンと伸ばすことになるのです。

お尻を置く座面も、お尻の丸みに合わせた形状になっており、長時間座っていても疲れにくいのです。

また、固い椅子に長時間座っていた時、お尻が痛くなったことはありませんか?あれは、特定の一部分に自分の体重がかかり過ぎているために起こる現象です。

匠の腰楽座椅子はそのようなことがないよう、座った時の体圧をきれいに分散させる設計になっています。だから腰にもお尻にもやさしいのです。

市販の座椅子とは違い、座る座面にも背もたれにも曲線的な盛り上がりを採用し、人間の体にピッタリとフィットするように設計されているのです。

色も、汚れが目立ちにくく洋室にも和室にも合うダークブラウンです。

匠の腰楽座椅子の口コミ

 座椅子は背もたれじゃなくて座面が重要 52歳 女性
こんな座高の高さの座椅子は初めてで、最初はどうかな?と思ったんですが、座ってその理由に納得しました。
いつもの座椅子に座っていると、正座をしてみたり、足を組んだり…と座り姿勢がなかなか定まりませんが、この高さだとすごく安定します。
長時間座っていても大勢を頻繁に変える必要がないので、座椅子は背もたれじゃなくて座面が重要なんだなと実感しました。
座面にお尻がしっかりフィットしていれば、背もたれの高さは関係ないですね。
腕置きの長さも丁度よく、手の位置がピッタリです。


 ずっと座っていても疲れにくい 44歳 女性
背中が後ろからしっかり支えられて、腰まわりも包まれるような安定感、座り心地の良さにビックリです。
いつもの座椅子と座り心地を比べても、コンフォシートの方が格段に心地いいです!
しっかりした作りなので、自然と姿勢良く座れるし、ずっと座っていても疲れにくいです。
この座椅子に一度座ってしまうと、いつもの座椅子が頼りなく感じて座れなくなっちゃいます。


 硬さが逆に心地よく感じてきました 61歳 女性
普通の座椅子は、初めはフワフワして気持ち良く感じるけど、徐々に前にズレてきてしまって、余計疲れてしまいます。
初めてこの座椅子に座った時は、少し硬いかな?という感じがしましたが、少し時間が経つと、この硬さが逆に心地よく感じてきました。
座ると、お尻というか骨盤まわりがスッポリはまって、すごく安定感があります。
背中もピタッとフィットするから、背筋がグッと伸びてくれて、長時間座っていても疲れにくくて良いです!

長時間の着座に最適「匠の腰楽座椅子」

サブコンテンツ

このページの先頭へ