イメージ画像

腰痛になりやすい姿勢について

良い姿勢を保つというのは古くより日本人が躾(しつけ)をうけて伝えられてきたものですが、近代になると新しい生活習慣が身につく中で猫背になったり、また仕事によっては長時間に渡り座りっぱなしになるなど、体に負担をかけるような体勢をとることが多くなりました。

体の姿勢という要素も腰痛をなりやすい大きな原因となるのですが、腰痛になりやすい姿勢には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

一般的な感覚でいえばたち仕事のほうが足腰に負担が大きいように思えるのですが、長時間座ったままのほうが負担が大きい場合も多く、まず椅子に座る際に足を組むことで体のバランスを崩したり、猫背や前かがみで仕事をしている方もよく見受けられます。

この場合いずれも腰への負担が大きくなるのですが、良い姿勢のまま長時間座っていれば腰への負担が小さくなるということもありませんので、定期的に立ち上がったり周囲に見えないようストレッチなどをするのでもよいですし、楽に腰掛けることができるグッズなどを活用するのでもよいでしょう。

こうした体勢の中でもとりわけ猫背は注意が必要で、たとえば洗顔の際には上半身を倒して猫背で顔を洗うことになるのですが、そうした時に後ろに振り返ったり横にある物を取ろうと腰をひねると、骨・筋肉・靭帯のすべてに負担がかかるためぎっくり腰になりやすい体勢となります。

猫背とひねりが合わさる体勢というのはこれ以外にも日常生活で様々な場面でありますので、腰痛にならないよう十分に気をつける必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ