イメージ画像

寝る姿勢や寝具も腰痛の原因の一つ

睡眠する際には体を横にして楽な姿勢をとるため、日中にたまった疲れや体への負担を解消することができるのですが、その際にも寝る姿勢が悪かったり体に合わない寝具を使うと腰痛の原因のひとつになる場合があります。

では具体的にどのような寝る姿勢をとると腰への負担が多くなるのでしょうか。

そもそも睡眠中の寝相は自身でコントロールできるものではないのですが、寝入る際に仰向け・うつ伏せ・横の姿勢のいずれかの体勢をとることになります。

仰向けの場合はそのままの状態では負担が大きいので座布団などを腰のくびれの部分に差し込むと楽になり、またひざの下におくことでも楽な姿勢を保つことができます。

横の姿勢の場合は抱き枕を抱くことにより腰が不用意にねじれるのを防ぐことができ、また腹うつ伏せの場合は腹の下とすねの下に布団や座布団を入れることで前方向への反りを止めてくれますので、それぞれ正しい寝る姿勢を意識しつつ床に入りましょう。

続いて寝具も腰痛の原因のひとつになりますのでこちらもまた対策を取ることになるのですが、まず敷布団は薄くても柔らかすぎてもいけませんので、およそ5cmほどの高さのものを選択しましょう。

また低反発マットレスは腰に良いと言う話もあるのですが、実際には沈み込んでしまうことで変な姿勢となることが多く、かえって腰痛の原因のひとつになる事もありますので、できれば高反発の製品を利用したほうがよいといえます。

さらに枕に関しても低すぎても高すぎてもいけませんが、寝心地に関してはこだわりを持つ方も多いので、寝具店でご自身に会うのか実際に試してから購入したほうがよいといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ