イメージ画像

腰痛を予防する体操・エクササイズ

腰痛は痛みを感じてからでは遅く、特にぎっくり腰はその後の生活や仕事に支障をきたすことになりますので、普段から腰痛を予防すべく体操やエクササイズを行う必要があるのです。

では腰痛予防に効果がある体操にはどのような種類があるのでしょうか。

まず体操を行ううえでポイントとなるのは、ストレッチをすることで筋肉や腱を伸ばして強張りをほぐすという点です。

痛みの原因のひとつである凝り固まった腰周りの筋肉をほぐすというのがこの運動の目的であり、たとえば仰向けに寝た状態でゆっくりと足を持ち上げ、無理がない程度に手でひざを抱えるポーズをとります。

また仰向けの状態でひざを曲げたまま足を上げて、上半身はそのままにゆっくり腰を回転させつつ上げた足を反対方向の床にもっていきます。

この二つの運動は足から腰にかけての筋肉をゆっくり伸ばすことができますので、急激な動作をせずゆっくり行う分には腰痛予防に最適だといえます。

続いてもうひとつポイントとなるのは、腰を支える筋肉に刺激を与えるためのエクササイズで、ひざを立てて上半身をゆっくり少し上げるだけの腹筋を行なうとよい刺激になり、腰への負担を和らげる筋肉を強くする事ができます。

また同じく仰向けの状態でひざを立てて、ゆっくりと腰だけを上方向に上げることにより背中とお尻の筋肉に刺激を与えることができます。

ただこうしたエクササイズは必ずしもすべての方に有効というわけではなく、すでに腰を患っている方の場合はリスクが大きいので必ず専門家の指示に従ってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ