イメージ画像

女性必見!産後の腰痛対策

女性特有の腰痛として産後に痛みが生じることがあるのですが、この場合は一般的な腰の痛みとは原因が大きく異なりますので、また別の視点から腰痛対策を行う必要があり、妊娠されている女性には必見となります。

まずそもそもなぜお産に伴い腰に痛みが生じるのでしょうか。

やはり原因として大きいのは狭い体内を大きな赤ちゃんが通り抜けるという点で、骨・間接・骨の接合部位などに大きな負荷がかかることになります。

特に仙腸関節や恥骨結合部位などの骨のつなぎ目部分は押し広げられることになり、結合部分が緩むことで腰の痛みが生じることになるのです。

体の深部の特殊な部位をケアする必要があるため、一般的な腰痛対策体操とは大きく異なる産後体操と呼ばれる体操を行うことになりますので、関連書籍は女性に必見となります。

また体操以外では骨盤ベルト・コルセットと呼ばれる体を補助することを目的とした器具もありますので、こちらを利用することでも負担や痛みを軽減させることができますので販売カタログもまた必見となります。

また産後の腰に痛みが生じる原因はそれだけでなく、骨盤を赤ちゃんが通りやすくするために関節や結合部分をゆるくする働きのあるホルモンが分泌されており、このホルモンの存在も上記の腰の痛みは生じる遠因となっているのです。

ホルモンの分泌に関してはコントロールすることはできないのですが、しばらくたてば落ち着いてくることになりますので、その間しばらくは腰痛対策として骨盤ベルトなどを利用することで乗り切ることになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ