ふれあいのユートピア - とんがりぼうし豊浦

とんがりぼうし豊浦とは
とんがりぼうし豊浦

  とんがりぼうし豊浦(正式名称:下関市豊浦自然活用総合管理センター)は、「ふれあいのユートピア」をキャッチフレーズに、平成2年、旧豊浦町によって、800年の歴史を持つ川棚温泉(湯町)に建設され、21世紀における農漁村の進むべき方向を総合的に研究・開発する場、また、地域の特性を活かした都市と農漁村の交流の場として活用されています。

  現在、地元でとれた農産物や海産物などを販売する朝市や、昔ながらの製法を後世に伝える加工教室の開催、都市部の方々が土に親しむ場を提供するレンタル農園の斡旋など、幅広く活動しています。

  近くには、小さなお子様からお年寄りまで四季折々の花を楽しめる花公園「リフレッシュパーク豊浦」や、天然記念物「川棚のクスの森」など、おすすめの観光スポットがたくさんあります。下関市豊浦町へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
川棚温泉 リフレッシュパーク豊浦 川棚のクスの森
▲川棚温泉 ▲リフレッシュパーク豊浦 ▲川棚のクスの森

事務室

事務室
  体験農園・観光農園の紹介・案内はもとより、宿泊施設・レジャー施設の案内、ふるさと会員の募集等、自然活用村のトータルインフォメーションセンターです。




研修ホール
  学童や農業者の学習・研修、竹細工・わら細工当の指導の場、その他各種イベントの場として利用者の自主企画による多様な活用がされています。

※お貸しできます。使用料については、利用案内をご覧ください。

研修ホール

会議室

会議室
  体験農園・観光農園等、部会ごとの話し合いの場として、また、都市と農村の交流を通じて住みたくなる「まちづくり」を考える場です。

※お貸しできます。使用料については、利用案内をご覧ください。



展示ホール
  本町農業の特色や歴史、自然資源や文化資源を紹介する資料の展示や地場産品の展示のほか、利用者の憩いの場として活用されています。



展示ホール

ファミリー農園

ファミリー農園
  都市生活者が土に親しみ、農業への理解を深め、手づくりの健康を味わう場として多くの方々に利用されています。

※入園者を募集しています。詳しくは、レンタル農園をご覧ください。

とんがりぼうし豊浦
〒759-6301 山口県下関市豊浦町大字川棚5262番地1
TEL:083-774-3700 / FAX:083-774-3701
営業時間:午前9時〜午後5時 / 定休日:毎週木曜日
Copyright (C) 2007-2008 Tongaribousi Toyoura All rights reserved.