mylogo2.jpg

  森林組合は、森林組合法に基づいて設立された協同組合です。組合員が協同してその経済的社会的地位の向上並びに森林の保続培養及び森林生産力の増進を図ることを目的とし植林から伐採及び加工・販売の森林に関する作業を行い、専門的技術によって、大切な森を守り育てています。
  • @森林所有者の協同組合
    • 森林組合は森林所有者自らが出資して利用する組合。
  • A森林資源の維持を目的とする公益的団体
    • 森林は木材の生産ばかりでなく、きれいな水を供給する水資源等の働きや国土の保全といった公益性を持ってる森林の公益的機能を守り育てる。
  森林組合は、主に次のような事業を行っています。
  • 指導事業
    • 林業施業技術、林業経営の向上を図るための教育、指導活動
      ホームページによる全国へ向けての情報発信・広報誌等情報提供
  • 購買事業
    • 組合員の仕事に必要な物資(苗木、工作具、農薬、肥料など)を斡旋、販売
      最近では、熊よけの鈴、椎茸菌・椎茸菌打込済原木、竹・笹等の除草剤、松食い虫予防薬剤
  • 販売事業
    • 組合員の生産した木材、林産物を伐採したり、運搬、販売
  • 加工事業
    • 組合員の生産した木材に付加価値を高めるための加工
  • 利用事業
    • 組合員の森林の造林、保育(下刈、枝打、間伐など)や、病虫害防除・駆除、作業道開設等の森林作業
      治山工事・やまぐち森と緑の公社事業・緑資源公団事業・市町有林事業
  • 金融事業
    • 組合員の林業経営等に必要な資金を貸し出す
  特に最近は、森林を残したまま、故郷を離れて都会などで生活する人が増加するのに伴い、不在村森林所有者の森林整備が進まず、森林の公益的機能や経済的な価値を低下させる傾向が全国的に見られます。森林組合は、そのような不在村森林所有者の森林の管理・経営を受託して、責任をもって立派な森林に整備し・公益的にも経済的にも価値の高い森林を育成しています。

anime052.gif