Top Page  怪事件・怪人物の表紙へ  No.44  No.42


No.43 世界の犯罪史にも残る、猟奇的連続殺人事件「切り裂きジャック」



イギリスのロンドンで発生し、当時のロンドン市民を恐怖のどん底にたたき込んだ「切り裂きジャック」は世界的にあまりにも有名な事件である。

今から100年以上も昔、1888年8月31日に最初の事件が起こり、同じ年の11月9日まで、約2ヶ月間に渡り、売春婦ばかり5人が次々と残虐な手口で次々と殺された。この事件は結局迷宮入りとなり、犯人は判明していない。


それぞれの被害者の状況を列記すると、
8月31日 被害者Aはノドの部分を鋭利な刃物で2回切り裂かれ、そして性器から腹にかけて2回切り裂かれていた。
9月8日 被害者Bは、腹の部分をかなり切り裂かれており、そこから内臓が取り出され、そして取り出した内臓さえ切断されて周りに投げ捨ててあった。内臓の一部は見あたらなかったことから、ジャックが持ち去ったものと思われる。

また首の部分も切断されており、ほとんど胴体と離れている状態だった。
9月30日 9月30日には二件の殺害を行った。
被害者Cは身体の部分を大きく縦方向に切り裂かれて死亡しており、鼻と右耳が切り取られていた。更に被害者Bと同様に内臓が引き出され、その一部が見つからなかったことから、同じように持ち帰ったものと思われる。

また被害者Dは、ノドの部分を切断されて殺されているのが発見された。
11月9日 被害者Eは、顔は判別が出来ないほどに切り刻まれ、身体も完全にバラバラにされていた。


9月30日に二人殺害した後に、犯人から犯行声明文が届けられた。いたずらかと思われたが、警察が発表していない事実まで詳細に書かれてあったことから、切り裂きジャック本人が書いたものであることが確認された。その声明文の一部より、犯人は自分が殺した人間の内臓を家に持って帰り、食べていたことが明らかとなった。

犯人像については、外科医・食肉解体業者などを始めとして警察の捜索によってかなりの容疑者が浮かんできたが、どれも確たる証拠はなく、捜査は難航した。疑いをかけられた者の中には世間からの非難を浴びて自殺した者さえいるという。

一件目の殺人が発生してから厳重な警戒態勢が敷かれていたにも関わらず、狭い範囲内でその後4人も殺害したジャックは、11月9日の犯行を最後に完全に消息をたった。一部の噂では罪の重さに耐えかねて発狂して自殺したとも言われているが、殺人がやんだ理由も、そして犯人も完全に謎のままである。



Top Page  怪事件・怪人物の表紙へ  No.44  No.42