Top Page  怪事件・怪人物の表紙へ  No.73  No.71


No.72 64年間漂流した後に生き返った死体



1990年2月。バミューダ海域の沖の方で、一隻の漁船が漁をしていると、そこへどこからともなく白い布で出来た、袋のようなものが流れてきた。袋はそこそこの大きさだったので、何か入っているのかと思い、船の上へ引き上げて中を開けてみると、中から人間の死体が出てきた。

歳は60過ぎくらいで、やつれた感じの男性の死体である。いや、違う・・死体ではなかった。その袋の中の男は「ここはどこだ!」といきなり叫んだのである。

船員たちは皆、びっくりしたが、生きていると分かった以上、放置しておくわけにもいかない。詳しい事情を聞いてみると驚くようなことを語り始めた。


男の名前はミッシェル・ガヤンといい、フランスからバミューダの方に移住してきたのだが、自分は1926年に死んだはずだと言い張るのだ。

死んだはずだと本人は言っているが、現にこうして生きている。袋詰めで海を漂っていたために、精神に異常をきたしたのか?・・船員たちは半分そう思いながらもとりあえずバミューダ島の病院に連れていくことにした。

病院についてカルテを調べてみると、確かに男の言うように1926年にミッシェル・ガヤンという男がガンで死んでいたことが判明した。63歳で死んでいる。

そしてさらに調べてみると、彼の遺言で、死体は焼かれずに布でくるんで水葬として海に流されたということまで分かった。死亡証明書に押してある指紋を照合した結果、本人に間違いはない。


となると、実際生きていた状態であるのに水葬にされて息を吹き返したということも考えられるが、問題はその年月である。彼が死んだのが1926年、そして発見した今は1990年。彼が死んでから実に64年の歳月が経っている。ずっと生きていたなら本来ならば127歳になっているはずだ。

なのに、当のミッシェル・ガヤンは死んだときの年齢そのままの状態で64年間も死体として海を漂い、そして今、再び生き返ったことになる。彼に何が起こったのか、あるいは時間を超越したのか、結局謎は解明されないままだった。



Top Page  怪事件・怪人物の表紙へ  No.73  No.71