Top Page  怪事件・怪人物の表紙へ  No.132  No.130


No.131 撮影された異星人の姿



写真のような絵のような画像であるが、
1952年12月にアメリカ・ウエスト
バージニア州フラットウッズで撮影
されたもの。
身長は3mから5mくらいだったという
証言があり、巨大な生物だった
ようである。
移動は「歩く」という動作ではなく、
シューッという音を立てて、地上を
滑(すべ)るように動いたという
報告が残っている。
有名な写真であるが、1950年代に、
当時の西ドイツ・ケルンの地元の新聞に
掲載された。
メキシコに不時着したUFOに乗っていた
異星人とされている。
両側から連行しているのはCIAのメンバー。
アメリカ国防情報局から流出した写真で、
月面でアポロの宇宙飛行士を撮影したもの。
飛行士の顔を覆(おお)う部分に異星人
らしき生物が写っている。
ということは、この瞬間、飛行士は異星人と
向かい合っていたのだろうか。

1970年代に、ブラジルのアマゾンの
密林で発見された奇怪な胎児。
異星人のものである可能性が高いという。
1947年7月、アメリカのニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落し、
その残骸から発見されたとされる異星人の死体。死体の保管場所は、
ネリス空軍基地のエリア51 S-4と呼ばれる地下施設だという。
本来は極秘事項であるが、なぜか写真が流出した。




写真の出所は不明であるが、医師団が
異星人を調査している場面。
1999年にイギリスのロンドンで撮影された。
撮影場所は一般家庭の庭先で、ストロボの
光をまぶしがっているようである。
2001年に、メキシコのトゥルーカで撮影
された。
畑で作業をしていた農民の前に突然小人の
一群が現れた。びっくりした農民がナタで
攻撃を加え、この生物を殺害した。
死体は埋葬されたが、この後、報告を受けて
駆けつけてきた軍が死体を回収した。
写真は埋葬前に農家の娘が撮っていた
ものであり、2005年に公開された。

2002年12月、アメリカ・ミズーリ州
ケープグラデューの墓地にて撮影。
隣に見えるのは墓石である。
この生物は次第に身体が透(す)
けて透明になり、そのまま消えた。
2001年9月、アメリカ・アリゾナ州の
アパッチグローブ国有林の中で撮影。
撮影者は車で走行していたが、
真っ白な顔のようなものが空中を
漂っているのを目撃し、車から降りて
走って追いかけ、写真を撮った。
存在していたのは顔だけで胴体は
なかった。撮影後はすぐに車に乗り込み、
急発進して逃げた。
アメリカ・ワシントン州のタコマで
撮影。詳細は不明だが、
これも顔のみが写っている。


最後の二枚の写真は顔だけしかなかったということで、異星人というより心霊写真とも思えるが、心霊写真なら、人間と同じ姿で写るはずであるから、これだけ人間離れした顔ということは、やはり異星人であろうか。

撮影された異星人たちはだいたい頭が異様に大きいものが多い。頭が大きいということは脳の容積が大きく、人類よりも知能が高いことを示しているが、その顔に至っては、醜いものが大半である。地球人類が最も美しい知的生命体であるかも知れない。



Top Page  怪事件・怪人物の表紙へ  No.132  No.130