DeeperとDeeper3Dの有効成分とは?違いはあるのか

医薬品並みの効果が期待出来ることで話題になっているのが、DeeperとDeeper3Dというモンゴ流スカルプケアエッセンスです。

どちらも頭皮トラブルにアプローチして環境を整えることで、抜け毛を防いだり薄毛を解消する効果が期待できますが、配合されている有効成分に違いがあります。


Deeperの有効成分の一つである3種類の成長因子は、ヒトオリゴペプチド-5、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31、トリペプチド-1銅です。

これらは保湿成分や保護成分で、合計50種類配合されているスカルプケア成分とともに働いて頭皮環境を改善していきます。

カンカエキスはカンカニクジュヨウという植物から抽出したエキスで、乾燥や高熱に耐えるための保湿機能や保護機能を備えています。

この天然の植物が持つ力によって、あらゆるダメージから頭皮を守る効果が期待できます。

Deeper3Dのキャピキシルは成長因子と植物エキスをプレミックスした成分で、有効成分として複数のイソフラボンが含まれています。

その中でも、ピオカニンAというイソフラボンは5αリダクターゼの働きを阻害する強力な効果があると言われています。

5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロンに脱毛ホルモンに変性させるリスクファクターです。

ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌量を増やしたり、髪の成長サイクルを狂わせて抜け毛を引き起こすので、5αリダクターゼの働きを抑制することは頭皮環境の改善や抜け毛の改善に大きな効果を発揮します。

また、キャピキシルには細胞の修復作用を持つアセチルテトラペプチド-3も入っているので、ミノキシジルの3倍もの育毛効果があると言われています。

さらに8種類の成長因子は、髪の毛を作るケラチンの生成を促進したり、細胞分裂を促進して発毛を促す効果があります。

このように有効成分に違いがあるのはもちろん、頭皮環境を改善したい、頭皮を守りたい方にはDeeper、育毛のためにスカルプケアをしたい方にはDeeper3Dというように、使用する目的や得られる効果が異なるのが一番の違いと言えるでしょう。

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper】




【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】

サブコンテンツ

このページの先頭へ