男性と女性で違う薄毛のタイプとは?それぞれの特徴について

一昔前は、薄毛というと男性に起こる症状と言うイメージがありましたが、近年は薄毛に悩む女性が増えています。

そのため、最近は女性専用の育毛剤やスカルプケアアイテムもたくさん開発されていて、利用者も急増しています。

ただ、薄毛を改善するためには、男女ともに症状や特徴を理解し、それに合わせたケアをしていく必要があるのでしっかりチェックしておきましょう。

同じ薄毛であっても、男性と女性では原因が異なるため、薄毛の状態も違います。

まず男性ですが、男性の薄毛の原因は主に男性ホルモンです。
男性にはテストステロンという男性ホルモンが多く分泌されますが、このホルモンが5αリダクターゼと結合するとジヒドロテストステロンに変わります。

ジヒドロテストステロンは髪の成長サイクルを乱すため、成長期が短くなったり休止期が長くなったりして、抜け毛が引き起こされます。

5αリダクターゼやジヒドロテストステロン受容体は生え際や頭頂部に多く存在しているので、男性はこれらの部分だけが薄くなるという特徴があるのです。

一方、女性は基本的に男性ホルモンの分泌量が少ないため、ジヒドロテストステロンの影響を受けることはほとんどありません。

そのため一部分が薄毛になることはないのですが、女性の薄毛は血行不良や栄養不足、過剰なヘアケアやカラー、パーマなどによるダメージで頭皮環境が悪化することが原因で起こります。

頭皮というのは髪が生える土台ですから、環境が悪化すると髪が健康に成長できずに細く弱くなったり、抜けやすくなってしまいます。
頭皮環境の悪化は全体的に起こるので、女性の薄毛は髪の量がボリュームダウンする、頭皮が透けて見えるというような症状が特徴です。

ただし、男性であっても頭皮環境が悪化して薄毛になることもありますし、女性にも男性ホルモンは分泌されるのでジヒドロテストステロンによって抜け毛が起こることもあります。

ですので育毛剤を使う場合は、どちらか一つの症状に特化したものではなく、あらゆる原因にアプローチして改善してくれる働きを持っているものを選ぶのが効果的です。

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper】




【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】

サブコンテンツ

このページの先頭へ